能登・NOTO・のと

頂きものばかり…秋の味覚

171017 田舎のよさといえばいいのか…今回は,親戚の方,同僚の方から,秋の味覚を頂きました。
 これでも一部です。皿に載っているのは,アオリイカの刺身。釣ったばかりのアオリイカを5はいもいただきました。アケビは,すぐに,おばあちゃんの口の中に入っていきました。

| | トラックバック (0)

芸術祭で教え子たちと再会

170930_01 奥能登国際芸術祭の№1(作品番号が一番と言うこと)は,外浦の輪島市よりの旧清水保育所にあります。
 揚げ浜塩田用の砂を運んでいたという木の船から,赤いアクリルの糸を張り巡らせたこの作品は,なかなかインパクトがあって,番号だけではなく,作品としても人気№1という噂も。
 さて,この作品を見ようと保育所の中に入ると,いきなり教え子たちに出会いました。一人は市役所の職員,もう一人は小学校教員です。金沢在住の小学校教員は,「今朝来たんです。一番から回ろうと思って…」と言っていました。
 私も,まだ,見ていない神さんを連れて№1から外浦を回ろうと思っていたので,このあとも何度も遭遇することになりました。

| | トラックバック (0)

旧飯田駅の思い出

190925_01 飯田地区の芸術。
 いつでもいけるや…と思っていたので,これまで後回しになっていました。
 今回,娘と一緒に回ってみました。
 この娘,2月以来の帰省です。しかも,1晩しかいない。なんとも忙しい娘です。わずか3時間の娘とのデートでした。
 まずは,彼女も利用したことのある,のと鉄道の旧飯田駅へと向かいました。娘は,階段を見て懐かしがっていましたが,この駅をなぜ利用していたのかは,思い出せないようでした。ずいぶんと時間が経ってしまったってことですな。
170925_02_2 これまでに,たくさんの写真を見てきましたが,やはり,実際に行ってみないと感じられないことって多いですね。この場所を見学しても,その思いを強くしました。
 階段を登っていくとホームに留まっているのは客車ではなく貨車。中には,たくさんの人たちがチョークで書きこんだ「思い出」や「思い」が詰まっていました。まだまだ熱い日光に温められて貨車の中は,少し汗ばむくらいです。それがまた,いい。

170925_03 駅舎の中は,もう有名になった「真っ黄色」。駅員が休んでいたであろう畳の部屋の中にも入ることができました。
 40年前の自分の高校時代も思い出す空間でした。

170925_05170925_04




 

| | トラックバック (0)

キリコ祭り

170924 能登の夏~秋祭りを彩るのは,そのほとんどが「キリコ」と呼ばれる巨大な奉燈です。
 今日から,明後日まで,校区内に入っている地区の秋祭りが行われています。
 日曜日の4時30分から,太鼓教室の子どもたちの太鼓の発表があるというので,出かけていきました。キリコも揃っていて,大変賑わっていました。1年生から6年生の20人ばかりが出場して,可愛い太鼓,上手な太鼓を披露していました。
170924_02 こうして,太鼓のリズムが骨の髄までしみ通り,「盆や正月には帰らなくても祭には帰ってくる」という若者たちを作っていくんだろうなと思います。

| | トラックバック (0)

夜の芸術

170917_03 遅ればせながら,夜の奥能登国際芸術祭を自分から進んで見てきました。3カ所だけ。
 秋祭りに帰ってきていた娘たちが,「せっかくだから見たい」というので,台風が近付いていたにもかかわらず,やや風に吹かれながら出向いてみました。
170917_02 もちろん,外にあるものしか見ることはできませんがね。
 それでも,少しは満足して帰ったようです。

170917_01

| | トラックバック (0)

今年の秋祭り

170916_01 秋祭り二日目。
 曳山車につながれるようになった頃には,もう,入宮の前でした。
 最初は,怖がっていたようですが,最後には,記念撮影にも参加。
 山車と一緒に撮った写真にも,ちゃんと入ってくれました。

170916_02

| | トラックバック (0)

今年もまた,鈴虫を頂いてきました

170911_01 ここ数年,毎年,鈴虫を頂いています。
 今年は,そのTさん宅にオジャマして,いただいてくることにしました。どうやって育てているのかも見学したかったからです。
 Tさん宅へ行くと,玄関から鈴虫の入ったケースがずらりと並んでいます。
 階段の一部も,鈴虫のケースです。
170911_02 他の所に持っていく予定のケースには,ちゃんと雄雌の数も考えていれてあるようです。
 こんな風にいろんな場所に鈴虫を配っているそうです。
 珠洲=鈴虫という連想から始まった,この地域おこしの取り組み。もう少し,広がらないかなあ。
 今回頂いてきた鈴虫は,学校とわたしの家と,ある職員の自宅に分散して飼育していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥能登国際芸術祭・その1

 

1709059月3日から,我が市珠洲で開催されている「奥能登国際芸術祭」。FBにも,その作品の様子がどんどんとアップされています。ほとんどの場所では「撮影可」らしいので,盛り上がりにも一役買っていることでしょう。
 私も,高学年の子ども達と一緒に,近くの芸術作品を見に行きました。
 古い土蔵に漆塗りの作品が2点飾られているだけの場所は,子どもたちも手持ちぶさた。しかし,そのうち,写真のような舞を披露する男の子も出てきます。
 この舞,確かに,作品から影響を受けているように見えるのですが…(^^;;

| | トラックバック (0)

珠洲焼づくり

170828 公民館長さんの働きかけで,学校職員の希望者で珠洲焼を作ることになりました。
 夏休みの終わり,3日間に分けて,3人~4人ずつ,体験します。
170829 初日は,私を含めて4人の職員で,花瓶を作りました。作り方は,板づくり。私にとっては初めての方法です。花瓶なので,水が漏れたら終わりです。
 長方形の側面と正方形の底面を作り,貼り合わせていきます。貼り合わせるときの方法が,いちいち「なるほど」と思うものでした。これだけやれば水漏れはしないだろうと思うのですが,そうでもないようです。
 次の日にも,他の職員が体験しましたが,私は,ひもづくりで,ペン立てを作りました。
 あとは乾くのを待って,少し磨いて終わり。
 釜に入れるのは1か月後だそうです。楽しみだなあ。

| | トラックバック (0)

珠洲をトライブ…「さいはてにて」関連へ

170816_01 8月15日,世間はお盆にもかかわらず,神さんは日直とかで勤務。私は休みを取っておいたので,娘と珠洲を回ることにした。普段は車に乗らないので,帰省したときくらいは,車の運転をしたいという。そりゃそうだ。
 午前中は,珠洲を舞台にした『さいはてにて』を鑑賞し,まずは,予習。そのあと日置経由で輪島まで行ってくることにした。途中,何カ所かで降りて,写真を撮る娘。能登の青空と海を取りたかったらしい。窓岩のあたりに来た頃には,雲が出てきてちょっと残念だった。
170816_02 廃線になった旧鵜飼駅に,電車がとまっていた。これも奥能登芸術祭に絡んだことなのかな。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧