能登・NOTO・のと

山車づくりはじまる

190825  今日から山車を作り始めた。祭礼まではまだ半月以上もあるのだが,土日しか作業しなくなったので,こんなに早くからやっているわけだ。生憎の天候で,スマホアプリでクモの様子を見ながらの作業。なのでなかなか進まない。それでも,今日のめあて(骨組みを作る)までは,なんとか仕上げることができたよかった。
 この先,この祭りがいつまで続けることができるのか…すでに,うちの部落には,高校生さえいない。踊り子は,嫁に行った先の子どもにお願いしているのだが,それも今年までだろう。私自身も,ヒザが痛かったり,指が動きにくかったりして,十分な仕事はできない。毎年,今年が最後かも…と思ってやっている。だから,今年が最後かも…。

|

魚をみせる九十九湾観光船

190822_01  のと海洋ふれあいセンターの近くに,観光船の乗り場がある。以前も,観光船に乗った気がするが,それはこの場所ではない気もする(この記憶のあやふやさが情けない(^^;;)。
 天気があやしいけど,なんとなく,まだ持ちそうなので,お昼を食べてからこの観光船に乗ることにした。
 観光船に乗る前は「船底には,ガラス張りのところがあり,魚を見ることができるよ」なんて言っていたんだけど,乗って見るとまったくそうじゃなかった。ということは,わたしが以前乗ったことのある観光船は,別のモノだということになる。ありゃま。
190822_02  でも,この観光船もなかなかよかった。「魚をみせる」と銘打っているだけあって,本当に間近に魚を見ることができるのだ。
 20分ほど九十九湾の中を散策したあと,生け簀に船を着岸。しかも,その生け簀のまわりには屋根付きの通路が作られていて,船から下りて見学することもできる。さらにさらに,わたしたちも,無料でエサとなるキュウリ・トマト・カボチャなどを魚達にあげることができるのだ。体長30㎝以上もある真鯛たちが,キュウリやトマトに群がる風景はなかなか迫力がある。それにしても,野菜を食べるように餌付けしたなんて,すごいなあ。ブリなどのいけすもあった。(さすがに,ブリたちには小魚をあげていたけどね)。

190822_03  また,狭いスペースだが,下に降りて,海中で泳いでいるアジたちの様子をガラス越しに見る場所もあった。なかなかいい感じ。こういう経験は,地元に住んでいる私でもない。

|

のと海洋ふれあいセンターで

190821_01  さてさて,今年の姉家族の帰省は,めずらしくお盆を過ぎてからとなった。当然,天気はあまりよくないし,海にも入れそうにない。丸1日,何をして過ごそうか…となったとき,のと海洋センターまで足を伸ばすことにした。
 そういえば,姪たちは珠洲めぐりも能登町の施設も知っているけど,その子どもたちはまだ連れていったことがなかったなあ。毎年,鉢ヶ崎の海に泳ぐのが中日1日の過ごし方だったから。今年は不幸中の幸いで,別のコースを案内しよう…そんなわけで,小木へ行って来たのである。
190821_02  今にも雨が振ってきそうな曇空だったので,まずは外に出て石渡をしてみた。いつもよりも潮が引いていて,とても渡りやすい。海の中のいきものもよく見えた。施設の中では,ちょうど人がいなくて貸切状態だったので,たのしく3Dの映画も見ることができた(施設に誰も来ていなかったわけではなく,工作室の方にいたんです。念のため)。姪の子どもたちもとても喜んでいたのでよかったよかった。

|

DAIsuke Katsumata さんのライブ公演

Daisuke  能登珠洲支部の「第66回保護者と教職員の会」で,DAIさんに来ていただこうと計画して3ヶ月。今日,漸く実現しました。
 珠洲市・能登町の40軒ちかくのお店などにチラシを置いてもらったり,HPやFBで呼びかけたりして,教職員60名。保護者・一般・子どもたち約120名が集まってくれました。
190818  ラポルトすずのステージは,熱くて熱くて…「人として」をコラボで演奏した吹奏楽部のメンバーは,演奏しながらも頬には涙が伝わっていました。それほとに,感動的で,心に響く歌声でした。
 今回の出会いを機会に,これからも,能登に来てほしいなと思っています(写真はコピーしないでね)。

|

DAIsukeさんとお食事,主催者の特権!!(^^;;

190817  明日,ラポルトすずで公演して下さるDaisuke katsumataさんが,今日の午後の羽田便で能登に入りました。わたしと書記長と書記次長で空港に迎えに行きました。車中で,いろんな話をしながら珠洲に向かいました。
 宿に入る前に「ラポルトすず」に入って,少しホールの様子を見てもらいました。

190817_02  DAIさんは,ステージバックに飾られていた絵を見るなり,「偶然だ!」という話をしきりにしていました。
 絵に描かれていた2匹の蝶は,お子さんが生まれるときに夢に出てきたものと同じで,その夢を見たDAIさんは,娘さんに「一対の蝶」という意味で「いつい」という名前をつけたそうです。
 また,丸い虹は,「一昨日の夢で見た!」と言っていました。普通,虹は丸くなくて半円しかないけど,丸い虹だったから覚えている…とも。
 また大きなトンボについても,DAIさんと奥様は,トンボが大好きだそうで,その理由は,水の中,陸,そして空と成長するにつれて3つの世界で生きていくからだそうです。それが描かれていたことにまたまたビックリ。
 わたしは,ヒマワリの絵がいっぱい描かれていることにもビックリしたんです。だって,DAIさんの所属していた「おかん」のコンサートには,みなさん,ヒマワリを手に持って応援していましたからね。「おかん」には「向日葵」というDAIさんのおじいさんを唄った歌もあります(だから,このヒマワリについてもDAIさんもビックリされていましたよ)。

190817_03  この絵を描かれた成之坊先生は,おかんの「人として」という歌詞を見ただけで,その歌詞からイメージするものを描いたそうです。このいくつもの偶然に,DAIさんは「絵を描いた人は超能力者だ」と興奮しておられました。そして,明日,会えないことを残念がっておられました。
 夜は,DAIさんと,主催者数名で夕食会。地元の「幸ずし」のお刺身もお寿司も茶碗蒸しも,おいしいおいしいと言って食べておられました。お酒は控えてらっしゃったのですが,わたしたちは飲みました(これで接待ができるんかい!)。おかんのCDと,DAIさんの著書にサインをしてもらった。ありがたいありがたい。
 明日は,たくさんの人に,愛と生きる勇気を与えてくれると思います。

|

北國新聞社出版局編『宗玄の挑戦~能登杜氏を生んだ250年酒蔵』

 地酒「宗玄(そうげん)」の現在の社長がまとめた,「今の宗玄会社」の本といえばいいかな。
 ま,地元の本屋で見つけ,自分がいつも飲んでいる宗玄のことだから買って読んでみたのだが,ん~,こういうことを書き残す意味ってどこまであるんだろうか? 現在の会社の紹介のようなものになっていて,ちょっと期待外れ。
 今の社長になってから,いろいろと改革をしたらしいことが書かれていて,その改革に対して,古くからの社員からはなかなか理解が得られないこともあったという。それでも,改革を断行してきた。というような話だ。
 ただ,一消費者とすれば,今の様な,いろんな名前のお酒が出てくると,何がどうなのか分からなくなってしまってくる。「大吟醸」にも数種類あるし…。
 あまりにも戦略的に進めることの危険性はないのか心配にもなる。

 わたしとしては,もっともっと宗玄の歴史の部分を掘り起こして欲しかったなあ。

| | コメント (0)

おらっちゃの里山里海

181124  私の所属している「おらっちゃの里山里海」主催の収穫祭に参加。準備したつきたてのお餅は全て売り切れました。
 もうひと臼は,私たちの「まかない用」。お雑煮のお汁も準備してあって,一足お先に雑煮を頂きました。おいしかったなあ。
 後かたづけの時に,リアルの教え子がやってきて,トラックにテントなど積むのを手伝ってくれました。ありがたかったので,ジュースをご馳走しました。「すずなり」の売店のイスに座りながら,男子曰く。
「知らない人が見たら,おじいちゃんと二人の孫だね。」
だって。
 ま,そりゃそうだろうなあ。やっぱり,担任っていいね。

| | トラックバック (0)

今年の秋祭りも終了

180917_01 いつまで,「若連中」の法被を着るのは分かんないが,今年も,3週間前から準備をしてきた祭りが終わった。数年間,踊り子がいかなったのだが,今年はうちの地区から嫁に行った先の息子たちが参戦してくれて,二日間,キヤラゲを務めてくれた。ありがたいことだ。来年も祭礼の日は休みと重なるので,できれば来てほしいが…。

180917_02

| | トラックバック (0)

サザエとってきたぞ~とご近所さんから

180722 日曜日,近所のおっさん(といっても私よりも若いけど)から,サザエを頂いた。潜ってとってきたらしい。さっそく,夜,料理をして全て食った。たったの3人だったけど,全て食った。
 これが,能登で生きるってことだ。
 満足。
 ありがとう,おっさん,ありがとう,里山里海。

| | トラックバック (0)

大型カヌー体験と磯遊びとカレー

180602 今日,能登少年自然の家の施設をお借りして,学年PTAの行事を行いました。担任をするのが久しぶりだったので,こういう親子行事に参加するのも久しぶりです。親の前で甘える姿は,学校での姿とは違っていて,なんだか,幼くなったように見えます。学校では無理をしている子もいるんだなあってね。

180602_02 大型カヌーの体験をしました。息を合わせてこがないとうまく進みません。岬を回って,裏側にある小さな入江にカヌーを止めて,磯遊びもしました。3名がずぶ濡れになっていました。ちゃんと,着替えは小屋が準備してありましたがね。
 天候もとってもよくて,楽しい半日でした。
 お昼は,自然の家恒例の特製カレー。みなさん,おかわりして食べていました。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧