書籍・雑誌

黒田杏子編著『存在者 金子兜太』

 こんな本を手に取るようになるとは,1年前までは思ってもみませんでした。が,今,金子兜太にハマってしまっています。
 付録のCDをかけながら,夕方,家の裏の墓場近くの道を犬と散歩していたら,なんか,背筋が寒くなってきた。

著者 : 黒田杏子
藤原書店
発売日 : 2017-03-25
 先日(2018年2月)亡くなった兜太について書かれた,一番新しい本です。2017年4月発行です。
 編集者の黒田杏子は,ずっと兜太と付き合いのある俳人です。兜太は,この杏子について,あとがきで次のように述べています。

編集者である黒田杏子さんとは長い間のつきあいです。私は通常クロモモさんと呼んでおりますが,不思議なことに,この人と一緒に居りますと,落ち着きます。-中略-彼女は単なる聞き手ではない。私の内に眠っているさまざまな記憶や体験,主張といったものを,ごく自然に引き出してくれる魔法使いです。十九歳私より年下だということですが,ときどき私には姉のようにも感じられます。 (298p)

 そのクロモモさんが聞き取った兜太のインタビューは,第3章にまとめられています。インタビューの質問の部分(クロモモさんの言葉)は省略されて,一人語りのように編集されています。兜太自らが語る俳句伝記のようで,興味深く読みました。中村草田男や加藤楸邨らに影響を受けながら,独自の俳句世界を作っていく様子がよく分かります。

 内容は前後しますが,第2章には,あの東京新聞紙上で連載されていた「平和の俳句」について,同じ選者のいとうせいこう氏と(司会者の加古陽治)の鼎談が紹介されています。これも,面白いです。今,なぜ,平和の俳句なのかが,とてもするどく語られています。もしかしたら,最短詩の俳句だからこそ,わりと簡単に世界に呼びかける力を持っているのではないかとも思えてきます。『平和の俳句』の単行本と合わせて読むと,より,鼎談の内容が理解できると思います。

私は平和な世の中ということは草の根を大事にすることだと考えています。上っ面の人だけの平和なんてのはだめだ。その草の根を大事にするということは俳句をやることと密接にかかわっているわけです。これは私が俳句専念を決めたときにも考えていたことでもあります。(126p)

一茶は芸術的におもしろいものを作ると同時に,おのずから一般的になっているでしょう。一般性と芸術性の兼ね合いを一茶がおのずからやっている,あの「おのずからやっている」という世界がオレの中に出来なきゃいかん。(128p)

 第4章と第5章は,それぞれの俳人たちがそれぞれの兜太を語ります。とくに第5章の坂本宮尾氏の「青春の兜太」は,兜太の俳句の歩みがじっくり取り上げられていて,なかなかおもしろかったです。

戦後の金子兜太の作品は,社会性俳句,前衛俳句と称され,自身は造型俳句を唱えた。人間と社会を力強く詠んだ彼の句は,キュビズム時代のピカソを思わせる。兜太は,見た目の自然さ,本物らしさを捨て,デフォルメによってものの本質に迫り,個性的な構図の作品に仕上げた。(250p)

 ここに来て,私が兜太の作品に引きつけられる理由が分かってきた。私は,二十歳の頃から,超現実主義(シュールレアリスム)の詩や絵画に興味を持ってきた。この兜太の俳句にはそのシュールレアリスムの世界に極めて近いもの持っているのだろう。

・梅咲いて庭中に青鮫が来ている
・主知的に透明に石鯛の肉め

 これが俳句なら,私も俳句に付き合ってみたくなる。

| | トラックバック (0)

大鹿卓著『渡良瀬川―足尾鉱毒事件の記録・田中正造伝』

 よくもまあ、こんなに臨場感あふれる物語が書けたものだ。作者が、まるでその場に居合わせたのではないかと思えてくる。
 勿論田中正造の残した書簡はそのまま使えるし、国会での議事録もあるだろうが、住民との話し合いのことや講演会などの言葉がそのまま残っているとは思えない。正造などの日記で判断したのであろう。
 作者の大鹿卓氏が、それらの資料を丹念に読むとともに、時代背景となる日本政府のゴタゴタなどもしっかり取り入れることで、時代を経て深まっていく正造の怒りと落胆などが、しっかり読者に伝わってくるのだろう。
 1941年発行の本書は、この新版で、手に取りやすくなった。
 巻末には、宇井純氏の解題「時間の深淵を越えて」が掲載されている。1972年の文章である。

「足尾鉱毒事件の我々に与える教訓はそれに止まらない。鉱毒事件は圧殺されたが、鉱毒はなくならなかった。今日では鉱毒は渡良瀬川下流の農民にとって自然の一部となってしまう、それを堪え忍ぶほかには道はなくなった。いかに技術的な対策を積み重ねても、もはや鉱毒の根本的解決は不可能なのである。今日の公害を我々が放任するならば、百年の未来にわたってもなおその影響は子孫に及び、我々は無数の谷中村と足尾にはさまれて、その生きる場所を失うだろう。」本書p339

 フクシマのことを思うと、この宇井氏の予言がそのまま現代に再現してしまったことに対して、忸怩たる思いになる。エントロピーの法則は、常に存在することを思い知るのだ。ばらまくのは簡単だが、集めることは莫大なエネルギーが必要…こんな当たり前の事は、幼児の積み木遊びからも気づくことなのに…。

 この足尾鉱毒事件に対する運動が結果的に敗北したことに対して、後年の左翼の正造に対する歴史的評価がよくないらしい(正造の天皇中心主義の限界、農民と労働者との連帯のなさ)が、それについて、宇井氏は、次のような効果もあったと述べている。

「一方では足尾鉱毒事件は近代の社会運動の源流として、河上肇や石川啄木をはじめとする多くの個性を社会運動に目ざめさせるきっかけとなり、他方では勝海舟、谷干城、榎本武揚、頭山満から幸徳秋水、片山潜、荒畑寒村にいたる幅広い立場の人々を巻きこんでゆく巨大な潮流となったのである。」p338

 足尾鉱毒事件に関しては、農商務大臣になった榎本武揚が、自分の職を賭して対応にあたってくれていた。一方、陸奥宗光や原敬は、ま、とんでもない悪として浮かびあがってきてしまう。

 最後に、本書は、田中正造の自伝ではない。彼が足尾鉱毒事件を議会で取り上げるようになってから、天皇への直訴までの出来事に絞って書かれている。
 この後の話(谷中村事件)については、同著者による『谷中村事件』という本がある。

 

| | トラックバック (0)

金子兜太他選『金子兜太いとうせいこうが選んだ「平和の俳句」』

 いとうせいこうと金子兜太さんが選者を務めていた「平和の俳句」が1冊の本になりました。

○十八才 戦争しないと 決めた年

 十八才から選挙権が。この作者は,戦争をしないと決めてくれました。自分のために,これから生まれる子どもたちのために。

 地元紙『北陸中日新聞』の第1面に紹介されていた「平和の俳句」の1年間分の作品をまとめた単行本です。このコーナーは,2017年いっぱいまで続きました。本書は,その中の2015年の1年間に紙上で紹介された俳句が集められています。
 川柳や狂句など風刺の効いたものが好きな私ですから,もともと俳句にはあまり興味がありませんでした。というのも,俳句というのは日本の四季を詠んでいるだけのものであって,自然とじっくりと向き合う時間のある人の高尚な趣味だと思っていたからです。俳句なんて,社会に対しても,あんまり力を表さないし…みたいに思っていました。
 しかし,「平和の俳句」は違っていました。限りなく川柳に近いような作品もありました。「平和の俳句」は,時代を捉え,しかも,社会に働きかける力まで感じるものでした。「俳句もなかなかやるな」と思った次第です。
 選者のいとうせいこう氏と金子兜太氏については,対談集も出ています。その本も,ユニークな二人の刺激的な本でした。
 本書でも,選んだ俳句についての両者の選評がちっちゃな字ですが載っていて,これを読むのもまたたのしいです。
 私のお気に入りを5つくらい紹介します(たくさんありましたが)。

○平和には主義などないと大根干す
 右派だとか左派だとか,すぐにレッテルを貼って差別をしようとするネットの人たち。これは日本だけではないのかな。でも,平和を求める気持ちは,みんな同じはず。

○戦争はすべての季語を破壊する
 これは,俳人しか読めない句でしょうね。そうか,季語ってやっぱり大切なんだな。日本の四季を楽しめるのは平和だからだなと思いました。かっこいい。俳句っていいな。でもこれって川柳っぽい。

○うたってよピースソングを忌野忌
 忌野清志郎,大ファンです。数年前の5月2日,ラジオから彼の死去を知ったのでした。「愛し合ってるかい~」という声が聞こえてきそう。個人的に趣味が同じなので記憶に残りました。

○若者よ銃など抱くな人を抱け
 自然な姿が一番。銃など抱かないで下さい。昔,銃を抱きながら「人」を抱いたこともあったようです。それがいまだに尾を引いている―慰安婦―のです。ここでいう〈人〉は〈愛しい人〉。人を抱けば新しい生命が生まれる。銃を抱けば,命を奪い奪われる。これも川柳に近い。

○戦争はしないと言ったではないか
 これほど直接的な言葉はない。
「あんた,あのとき,軍隊は持たない,我々は戦わないと言ったでしょ。なんで気が変わったの。」
「またバカなことをするの? 時代が変わったなんてこじつけでしょう。この嘘つき!」
「私は,あなたの言葉を覚えていますよ。」
「戦争をしないといったから,この国をもう一度好きになろうとしたのに…。なによ今さら」
「〈本当は70年前から,また戦争したかったんだ〉〈戦争のできる国でいたかったんだ〉〈あのときはあいつが怖かったので,そう言っただけだ〉なんて,言い訳しないでね!!」

| | トラックバック (0)

谷崎潤一郎著『痴人の愛』

 青空文庫だから,ただ。ありがたい世の中だよ。

 若い娘と10歳以上年上の男との,変な夫婦関係は,谷崎が実際に体験したことらしい…というのを「歴史秘話ヒストリア」で知って,読んでみたいと思った。
 破天荒なナオミに振り回される男だが,そういうことさえも,自分のナオミへの合いに転化してしまうところがなんとも悲しい。男の性って,こんなんじゃないよな。
 それにしても,いまから何十年も前に,こう言う小説が書かれていたってことがすごい。

| | トラックバック (0)

荒畑寒村著『谷中村滅亡史』

 姜尚中著『維新の影』で紹介されていた本。気になったので,県立図書館から取り寄せて読んでみた。刺激的な本だった。岩波文庫からも同様の本が出ているので,そちらの方を手に入れて,本棚に入れておくつもり。

 いきなりだが、本書「第二十六 谷中村の滅亡」から引用しよう。

「明治政府悪政の記念日は来れり。天地の歴史に刻んで,永久に記憶すべき政府暴虐の日は来れり。準備あり組織ある資本家と政府との、共謀的罪悪を埋没せんがために、国法の名によって公行されし罪悪の日は来れり。ああ、記憶せよ万邦の民、明治四十年六月二十九日は、これ日本政府が谷中村を滅ぼせし日なるを。正義と人道との光り地に堕ちて、悪魔の凱歌は南の極みより、北の涯まで亘る。」(本書、p156)

 明治維新を堺に、西洋に追い着け追い越せと、ひたすら西洋をマネて近代化を続けてきた日本社会。そこには、もちろん国民にとってプラスのこともたくさんあったに違いない。しかしその反面、一人一人の命や生活を蔑ろにする政策が強制されてきたことも間違いない。その一つの典型的な事件が、足尾銅山鉱毒事件という日本最初の公害問題の発生と、それをうやむやにして葬り去ろうとする谷中村滅亡(村を遊水池にする)の施策である。
 明治維新が西洋でいうブルジョア革命の一種だとすれば、維新革命後の明治政府と資本家たちは、これまでの古い体制を乗り越えることと同時に、自らが新しい社会の課題に直面することになるのは、歴史の必然である。そんな課題を前にしたとき、資本家たちは人間の倫理を失わないで経営ができるのか…。そんなことをすると競走には勝てない。したがって、一般市民には黙っていてもらいたいのである。その方法が、権力と金の利用である。
 著者・荒畑寒村氏は、足尾銅山の経営者の古川市兵衛やその姻戚関係にあった時の農相陸奥宗光に対して、これ以上ない強い筆調で糾弾している。その後の栃木県の指導者に対しても厳しい。当時の社会主義的な思想を反映してか、とても過激な文章が続いていく。出版後、すぐに発刊禁止になったことも頷ける。本当に、これだけ怒りに充ち満ちた文章を読んだのは久しぶりだ。
 それでも、内容は詳しく、どのように地元住民が懐柔されていったのかがよく分かる。

 足尾銅山鉱毒事件~谷中村強制収用事件の流れを見ていると、「いつの時代も、政府や企業のやることは変わっていないな」と思う。日本政府がこの事件からしっかり学んでいれば、水俣病もイタイイタイ病も、あれほど大きな問題にならなかったに違いない。そう、多分、福島の原発事故もなかった(そもそも原発は建たなかったはずだ)。日本社会は、田舎の犠牲のもとでの経済優先で動いてきたために、そのひずみが大きくなってきてしまった。そして、ついには3.11となり、福島が「フクシマ」となってしまったのだ。

 1970年、本書が復刻されたときに書かれた宇井純氏の文章「解題―足尾鉱毒事件の意味するもの」を読むと、先に述べた感を強くする。

「日本は公害の先進国となってしまったという認識は、今や国内における常識となり、外国からも指摘されるところとなった。なぜこれほどに公害が激化したか。その根源は明治以来の近代日本の政治的体質と,日本資本主義そのものの生い立ちにあることを、『谷中村滅亡史』は書かれてから六十年後の今日も、はっきりとわれわれに教えている。」(p188)

 宇井氏は、こう書き出して、戦後の日本社会の公害や住民無視の状況を足尾事件と比較して言及している。残念ながら、二度あることは三度も四度もあるのだった。

 最後に…
「我々は、人の心を金で買うんだよ」という珠洲原発計画を進めていた当時の関電社員の言葉は、なんのことはない、明治の時代から続いていることがよくわかった。

| | トラックバック (0)

吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』

 サークルのメンバーからお借りしました。なんで,ベストセラーになっているのか,分かったような気がします。原作ではなく,マンガにしたってことが流行した原因のほとんどですね。たぶん。

 なんでこれがベストセラーになっているんだろうと思いながら読みました。
 ここに出てくるおじさんのように,的確に,その場にあったことを助言してくれる大人って,すでに,思春期の者たちのまわりからいなくなったってことなのか?
 それとも,もうすでに大人になってしまった人たちが,「どう生きればいいのか」を探っているということなのか。
 その両方とも,あるからこそ,こうしてベストセラーになったのかも知れない。
 起きてしまったことをぐずぐず悩むよりも,これからのことを考えればいいなどというのは,わかっていてもやめられない…という感じ。
 私が,とくに心に残ったのは,最後の部分である。

「苦痛を感じ,それによってからだの故障を知るということは,からだが正常の状態にいないということを,苦痛が僕たちに知らせてくれるということだ。」
「同じように,心に感じる苦しみやつらさは人間が人間として正常な状態にいないことから生じて,そのことを僕たちに知らせてくれるものだ。そして僕たちは,その苦痛のおかげで,人間が本来どういうものであるべきかということを,しっかりと心に捕らえることができる。」
「人間が本来,人間同志調和して生きてゆくべきものでないならば,どうして人間は自分たちの不調和を苦しいものと感じることができよう。」

 人間関係に悩むことが,思春期の一番の危機なのかも知れない。このように,体の故障と心の痛みを比較することで,著者の意見が,若者たちの心にすーっと溶け込んでいくことだろう。

 吉野源三郎氏は,『世界』の初代編集長だったという。学生時代,この本をよく読んだ。難しい論文も多かったが,自分と社会(距離的にも時間的にもはなれているはずの社会)というものが,本当は深くつながっていることを感じることができ,もっと勉強しなければと思いながら読んでいたことを思い出した。

 大人にもお薦めの本であることは確かである。マンガである必要はないけど。

| | トラックバック (0)

堀切リエ著『田中正造:日本初の公害問題に立ち向かう』

 2月後半は,田中正造と足尾銅山・谷中村などについて調べてみようと…手始めに,子ども向けの伝記を読んで,頭の中で大枠を確認。

 
 同伝記シリーズには,やなせたかしもいたりする。小学生向きの新しい伝記シリーズの一冊。
 巻末には「正造ゆかりの人物」の紹介コーナーなどもあって,ちょっとくわしく調べようと言う人に優しい作りとなっている。
 参考資料には,20数冊の著作だけではなく,DVDや関連映画なども紹介されていて,大人がもっと詳しく調べたい時にも重宝すると思う。
 子ども向けと馬鹿にせず,まずは,手にとってみるのも悪くないな。
 それにしてもこんなに何度も牢屋に入っていたとは知らなかった…。どれも言いがかりみたいなことが原因だが。

| | トラックバック (0)

鎌田慧著『反骨-鈴木東民の生涯』

 東郷茂徳の伝記を読んでいたら,この人の名前が出てきた。読売新聞社にいたらしい…ネットでググってみると,なかなかおもしろい人生を歩んだ人のよう。気になってしまったので,手に入れて読んでみたのが本書ってわけ。
 いやー,この伝記は面白かった。鈴木東民,おもしろい。こんな人が日本にいたなんて,これまでまったく知らなかった。
 東北の田舎に生まれ,第二高等学校をなんと6年もかけて卒業し,その後,東京帝国大学を4年ですんなり卒業。その間,学校の矛盾に対して抗議行動を組織したり,情宣を作ったりして,民主的な学校を作る運動を起こしていく。青年時代の東民は,いろんな人(吉野作造など)の影響を受けながら,民主的な社会を求める反骨の闘志として成長していくのだった。
 戦前は,新聞記者としてドイツのベルリンに派遣になっていながら,現場から反ナチスの記事ばかり書くというのでナチスから国外退去命令が出され,祖国に帰ってくる。しかし帰国してからも,東民の筆調は冴えわたる。だが,時代は治安維持法のまっただ中。結局,筆を行かす機会を奪われて,一線を退かざるを得なくなる。

 戦後は,読売新聞にもどり,日本の初の労働組合運動と言ってもいい第1次読売争議(なんと1945年のことだ)で,正力たち経営派に勝利してするも,第2次読売争議ではGHQの方針転換もあって,敗北。結局,読売を辞めさせられる。
 その後,何度か国政選挙に臨むがいずれも落選。途中,日本共産党に入党するも,肌が合わずに2年あまりで離党。

 そして,なんと地元釜石市(合併したばかりの市)の第1代市長となる。東民は,市長となってからも,当然,民衆のために行動する。公害反対運動のデモには先頭に立ったこともある。新日鉄釜石製鉄所による公害問題が大きな課題でもあった。
 しかし,第4度目の市長選には敗北。
 それにもめげずに,今度は,釜石市議会選に立候補し,見事トップ当選を果たす。市長だった人物が市議選に出ること自体稀なこと。ここでも,新市長と堂々と渡り合う姿があった。が,市議1期で落選することになる。
 「反権力・反公害運動を展開,一生を時流に媚びず反骨に生きた(帯の文句)」人であった。

 本書の内容は,とてもよく調べられていて,大変読みやすく,しかも資料も豊富である。東民の人となりがよく分かるエピソードも満載。さすが,ルポの鎌田慧だ。
 こういう人が日本にいたことを誇りに思うし,今一度,政治というものが民衆のものになっているのか,反省してみるべき時に来ていると思う。
 東民の奥様ゲルトルートも,東郷茂徳の妻同様ドイツ人である。これも何かのつながりか(実際,茂徳がドイツ大使だったときに,東民とドイツで会っている)。
 そうそう,敗戦前,再度,外相になった東郷に対し,岩手にいた東民はわざわざ東京へ面会に行っている。2時間半ほど話をしたようだ。東民には,茂徳が戦争を終わらせるために外相となったことが十分伝わったと思われる。
 さらにつけ加えると,なんと,東民は宮澤賢治と同じ謄写屋でバイトした仲である。1920年頃のことらしい。次の年,帰郷した東民は宮澤家の実家に招待されてご馳走になったとも書かれている。いやー,これまた,おもしろい。

| | トラックバック (0)

姜尚中著『維新の影』

 年に数回,無性に本が読みたくて,他の仕事をするよりも本を読み続けたいという気持ちになることがあります。この1月~2月にかけても,そういう状態が続いています。
 先週は,一度に6冊の本を注文してしまいました。本を増やさないでおこうと思っているのですが,だめですね。
 そんな中の一冊です。姜尚中さんの本は,いいなあ。落ち着く。あの口調で語りかけられているような気分になってきます。

 姜尚中氏が,日本の地方を実際に訪れて,その土地の歴史を肌で感じながら思索したことを集成した本です。
 特に,明治維新から150年になる今年(2018年),その明治維新が,その後の日本に与えた影響というものがどういうものだったのかを考える旅になっていて,読者に「明治国家」をもう一度考えるキッカケを与えてくれます。
 ともすると,明治国家バンザイになってしまいそうな雰囲気も感じられて,ここはしっかりと,明治維新がもたらした功罪を捉え直しておきたいです。
 姜尚中氏の本には,普段,私が使ったことのない日本語があちこちにあって,そういう言葉に触れるのも一興です。また,夏目漱石の言葉もあちこちにちりばめられており,漱石の作品も読んでみようかなという気にさせてくれます。

 個人的には,谷中村の話をもう少しつっこんで調べてみたいと思いました。

| | トラックバック (0)

門脇厚司著『異色の教育長 社会力を構想する』

 教育関係者にお勧めします。まだまだ可能性はある。子どものために,現場の教師にもっと自由な研究の場を!!

 教育社会学の学者で,筑波大学名誉教授でもある門脇厚司氏が,なんと茨城県の美浦村の教育長に。大学の研究者が教育長になるというのは珍しいこと。門脇氏が,教育長在職6年間で行った教育施策は,著者がいう「社会力」を育んでいこうというもの。それは児童生徒だけではなく,保護者・村民にも広く働きかけるものだった。
 門脇氏は,この間の政府主導型の教育政策に危うさを感じている学者でもあり,それを全面に出して教育長職を全うしているところがすごい。
 例えば議会に対しては,次のように述べている。

 こうした教育問題に関わる質問に対しては,現状の説明も含め答弁書も自分で作り,教育長として積極的に答弁することにした。単に議会を無難に乗り切るというのではなく,答弁を通して,美浦村の教育の現状や方針を議員たちに理解してもらう,絶好の機会と考えていたからである(本書64ぺ)。

 そして,他の教育長や校長たちが,いろいろな会議に於いても,なにも自分の意見を言わす唯々諾々と上からの指示に従っているだけであることに対して,日本の教育界が思った以上に,瀕死の状態にあることも指摘している。教育長はもっと質のよい人間にさせるべきだともいっている。
 また,現場の教師に対してもきびしい。今の現場が長時間労働で大変であることについての理解は示しながらも,「教師として学ぶ姿勢」「子どもたちにこれは伝えたいという思い」などが,すこぶる低レベルであることに,失望もしている。さらに,教職員組合にも手厳しい。文科省がいかなる政策を出してこようが,ここでもただ従うだけ。「教え子を再び戦場に送るな」の精神がまったく感じられないと嘆くのである。

 ただ,せめてこれだけは…という提案もしてくれている。
 現場の教師に対しては「自分の眼の前にいる子どもたちのこれからの人生を見通す眼をしっかりと持ってほしい」という。そうすれば,学力テストの1点2点で一喜一憂する必要もないことに気づくだろう。
 文科省に対しては,「たった一つの注文」として「教員たちの自由裁量度をできるだけ大きくしてほしい」ということだ。
 教科書と教師用指導書だけを見て授業をこなすだけの教師を作ってきたのは他ならぬ文科省なのだ。なのに,かけ声だけは「教師は創造的であれ」といわれても困る。そんな現状を打破するには,現場の自由度を上げることが大切。
 著者は,現在(本書が発行された2017年12月)つくば市教育長のよう。今後とも,どんな実践をされ,どのような成果を出すのか,楽しみな教育長である。

 ただ,本書に収録されている文章は,すでに発表済みのものを集めているものもあり,内容が重複しているのが殘念である。もう少し,筆を入れてから出版したほしかった。
 ま,このことを考慮しても,すべての教育長・校長・現場教師に読んでもらいたい文章である。

 

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧