書籍・雑誌

ファラデー著『ろうそくの科学』

 学校に来ている図書館司書の先生から「ファラデーの『ろうそくの科学』を持っていませんか?」と聞かれて,そういえば,30年ほど前に買ったなあと思いだし,再読してみた。これ,確かにおもしろい。今なら,実験を再現して科学講義ができそう。だれかやってくれんかな。

 今年のノーベル賞受賞者の吉野彰氏が,小学校の先生に勧められて読んで教えられた本として紹介されていたので,すぐに店頭から消えたという。この現象,毎度のことだけど…。
 わたしの本棚にあったのは,岩波文庫版。矢島祐利訳である。
 内容は,子ども向けクリスマスレクチャーの講演の様子を収めたもの。講演の場所は王認学会(ロイヤル・インスティテュート)で,当時は,いろいろな科学者が一般人向けに講演をしてきたらしい。
 ファラデーは,製本屋にはたらきながら,そこに書かれている文章を読んで科学に興味をもったという経緯がある。その後,曲折を経てデーヴィーの助手として働き始める。そして,中学校でも習う科学的な大発見をするのだ。
 本書は,「ろうそくの科学」と書かれているが,「そうそく」は単なる出発点である。6回の講演の中で,「ろうそく」が燃えると何がどうなるのか。空気とはなんなのか。燃えるとはなんなのか…など,いろいろな知識をユニークな実験を交えながら教えてくれる。本書にはところどころに分かりやすい実験器具の図も掲載されているので,ややこしい解説を読む助けになるだろう。
 子どもにはちょっと難解だと思われるが,吉野氏は本書を手に取って読んだんだと思う。他の会社からも数冊,『ろうそくの科学』が出ているけど,吉野氏の小学生の頃には出版されていなかっただろうし…。(本書の発行は1933年)
 ここまで感想を書いてみて,気づいたことがある。それは,今,手に入る岩波文庫版(上のカバーのもの)は訳者も変わっているし,ページ数も多くなっているようだ。これは読み比べてみるのもおもしろいかも。

続きを読む "ファラデー著『ろうそくの科学』"

|

渋沢栄一著『論語と算盤』(現代語訳,ちくま新書)

 わたしの本棚では,カテゴリは「自伝・伝記」に入れたけれども,本書の内容はそれ以上のものである。
 日本資本主義の父と言われている渋沢栄一が,自分が生きる基準としてきた『論語』と,商売人としての生き方との関わりを解説した内容である。
 『論語』と〈商売〉とは,なかなか相容れない感じがする人も多いだろう。それは渋沢もよく分かっていたようだ。
 わたしも,商取引に関しては「商売というのは,道徳を無視して行うものではないか」「道徳的な人間は商売(金儲け)なんかに手を出すものではない。慎ましく生きるのだ」…みたいな感じがどうしても払拭できない。でも,それは,そう思ってしまう私が悪いわけではなく,実際,そんな商売人が多いから仕方がないことだ。今回の関電の話(2019年10月)を見るとなおさらそんな気分になる。
 渋沢は,儒教の生き方や武士道を取り上げながら,本当の商売は,その道にも見合ったものだという。自分のやってきた商売は決して自分の金儲けだけのためにやっているのではない。自分は常に天下国家を考えながら行動してきたのだと語る。実際,400以上の会社に関わってきた渋沢だが,そこで得た財産を慈善事業に使ってきたことも間違いない。三菱をつくった岩崎弥太郎と自分を比較しながら,なかなかおもしろいことも言っている。
 一万円札の肖像画になったということで,これから少しずつ有名になってくるだろう。この本だって,だからこそ出版されたとも言える。だって現代語だから読みやすいしね。
 渋沢栄一,もう少し幕末の頃も知りたいものだ。最初は幕府側にいたらしいので…。いよいよ自伝を読むかな。

|

庄田望著『白蓮華』

 元石川県教組委員長の庄田望さんが書かれた『白蓮華』を読みました。とてもよかった。知らないことがいっぱい出ていました。しかも、飽きずに読めた。さすが庄田さんだなあ。サインもしてもらった。

 帯の言葉を引用する。

石川県で初めて献体を申し出たのは、盲目の女性だった。竹川りんはなぜわが身を医学に捧げる決意をしたのか。これは明治初頭、金沢とその周辺を舞台に、激動の時代を必死に生きた名もなき民の物語である。

 名もなき民…といっても、そこは小説なので登場人物にはちゃんと名前がある。竹川りんをはじめ、実在の人物も登場する。また、当時、金沢の被差別部落では、藤内医者という人たちがいて、貧しい百姓たちに対して医療を施していたようで、そんな人たちもとても大切な役として登場する。
 本書の「解題」を書いた山嶋氏は、この小説を書き上げるときに、著者に何度も相談を持ちかけられたそうだ。

著者は一言一句の正確さにこだわり、一行を書くために一ヶ月も文献を調べるという超凝り性の方である。「藤内」については地域に入り、聞き取り調査もしている。(解題より)

と書いているくらいだ。

 本書からは、当時の金沢の被差別部落の生活や貧しい百姓たちの様子が生き生きと伝わってくる。名もなき民が、しっかり生きている小説。当時の金沢の歴史・医学の勉強になるかな。

白蓮華身を解けとぞ言いて逝く医に世直しの思いを託し
(著者)

一般には販売されていない。石川学生協に問い合わせてね~。

|

ロバート・キャンベル著『井上陽水英訳詞集』

 日本文学の研究者ロバート・キャンベルが、病気を患って入院していたとき、ベットの上で毎日一つずつ井上陽水の歌詞を英語に訳してみたーそれらを集めた本です。
 訳していたときには、「後々本にしよう」などと思っていたわけではなく、単に、「何かやりたかった」からやってみたのらしいですが……。
 本書には、歌詞をめぐる井上陽水との対談も取り上げられています。陽水がどのような思いでその歌詞を書いたのか……そんなことも聞き出したりして、なかなか面白い。ロバートが「こんな風な英訳にしてみたいのだが」というと「それはちょっとニュアンスが違う」「そんな風に考えたことがなかった」などと反応するのです。
 陽水の歌詞は、日本語で読んでもなかなか捉えどころがないことが多いので(だからこそ人気もあるといえますが)、それを英訳しようとすると、その歌詞を読んだ人の主観がどんどん入り込んできます。英語には主語があるのが当たり前ですが、英訳するときにその主語をIにするのかWEにするのか。はたまた、YOUにするのか三人称単数にするのか。時制は現在なのか過去なのか。いろんなことが気になってくるのです。
 50曲の歌詞とその英訳だけを読んでも面白いですが、本書の半分以上を占めているロバートの解説を読むことで、より日本語の歌詞と英訳を対比しながら読んでみたい思えると思います。実際私は、あっちこっちめくりながらスマホで単語を調べながら読んでみました。
 まだ、50曲すべては読んでいませんが…。
 ロバートの日本文学研究の片鱗があちこちにちりばめられてもいて、なかなか読み応えのある本です。
 解説部分の英語単語にカタカナが振ってあって、ちょっとびっくりしました。

|

サンキュータツオ著『ヘンな論文(2冊合本版:電子特別版)』

 『たのしい授業』(2019年8月号)で紹介されていたので,手に入れて読んでみた。おもしろかったよ~。

 いやー,面白いことを研究している人がいるもんだ。そして,そのオモシロ論文を見つけて,自分なりの言葉でツッコミを入れ,さらに,元の論文のおもしろさを引き立ててしまう筆者の辣腕には脱帽である。
 このKindle版は,2冊合本であるだけではなく,おそらく,後日談も含まれている。だから,紙版よりも大変お得だ。
 わたしが,この本を手に入れたのは,第1巻目に「コーヒーカップの音の科学」という論文が紹介されていることを知ったからである。
 この「コヒーカップ」の論文を書いたのは,私も所属している仮説実験授業研究会会員の塚本先生(当時)だが,その先生の話の中に,しっかりと仮説実験授業についての紹介も出てくる。塚本先生の話は,第2巻の『続編』にも紹介されていた。塚本先生の研究姿勢が仮説実験授業から来ていることや,その研究方法を児童生徒に教えるものとして仮説実験授業があることにも触れている。

 とにかく,本書には,研究を楽しむ大人たちがたくさん出てきて,笑いながら読んでいるうちに研究してみたくなってくる。「論文はかたい」と思っている方,ぜひ,本書を手に取ってみて欲しい。しかし,ホンモノの論文に当たってみようと思ってしまうかもしれないので,ご注意を。

|

坂本菜の花著『菜の花の沖縄日記』

 子どもの時から知っている子…そんなことを勘定に入れなくても,この本は,特に,今の若い子たちに読んで欲しいなと思う。
 奥能登から単身,沖縄の珊瑚舎スコーレという高校に通うことにした菜の花さん。自分で選んだ道で,考え,行動し,ひとまわりもふたまわりも大きくなっていく等身大の多感な女性の姿が,当時の日記風文章(新聞で掲載された)を通して表現されています。

 何も分かっていない自分に気づくとき,自分の意見とは違う意見の人と出会ったとき,あまりにも大きな壁を感じたとき,矛盾だらけの社会で生きていることを知ったとき…それぞれの“とき”に,彼女の中に葛藤が生まれてきます。”わたしはこれでいいのだ”とは言いきれない自分が今の自分。それだからこそ,毎日を活き活きと生きている姿がわたしたちに伝わってきます。そして,自分の若い頃と重ねたりもするのです。
 彼女の通うスコーレには,学び直したいおじいやおばあが同じ教室・校舎にいます。そんな多様な同窓生から学ぶこともたくさんあったようです。
 時々,父親の一言が思い出のように出てきます。ちゃんと伝わっているんだね。

 菜の花さんは,沖縄のTVのドキュメンタリー番組にも紹介され,2020年にはそれが映画になるそうです。楽しみだなあ。

|

最後の教育研究集会

190820  8月21日,わたしにとって最後の支部教育研究集会がある。
 そこで,これまでの自分と教研活動との関連などをふり返る文章を2部,書いてみようと思っている。
 わたしが関わってきた環境問題の原典(原点)は何かなと思って本棚を見ると,おそらく,武谷三男を始めとする,右のような岩波新書にたどり着きそうだ。原水爆禁止運動には,原発も入っている。大学で科学を選択した者として,その科学がもたらした悲惨な結果について考えざるを得なかった。
 それが,ゆくゆくは,珠洲原発計画白紙撤回運動へとわたしを導いてくれた。そして,その白紙撤回が実現したあと,数年後に,あの3.11が起きた。日本中の原発を止めない限りは,第4,第5のヒロシマ・ナガサキ・フクシマが,起きる。

|

『奈良少年刑務所詩集』

 奈良少年刑務所の受刑者たちが書いた詩を集めたものである。所々に,編者(であり授業者である)寮さんの解説がある。この解説のお陰で,子どもたちが作った詩のチカラを改めて感じることができる。
 たとえば…

すきな色

ぼくのすきな色は
青色です
つぎにすきな色は
赤色です


というこどもの詩がある。こんな詩を学校の子どもたちが書いたとすると,おそらくほとんどの担任・指導者は,「もう少し工夫してごらん」などと言うのではないか。
 寮さんの解説にはつぎのような文章がある。

あまりにも直球。/いったい,どんな言葉をかけたらいいのか,ととまどっていると,受講生が二人,ハイッと手を挙げました。/「ぼくは,Bくんの好きな色を,一つだけじゃなく二つ聞けたよかったです」/「ぼくも同じです。Bくんの好きな色を,二つも教えてもらってうれしかったです」/それを聞いて,思わず熱いものがこみあげてきました。/世間のどんな大人が,どんな先生が,こんなやさしい言葉をBくんにかけてあげることができるでしょうか。(以下略)

 これが受刑者同士の授業風景である。寮さんは,あとがきの「詩の力 場の力」というところでも,つぎのように述べている。

 わたしは,彼らと合評をしていて,驚くことがあった。誰ひとりとして,否定的なことを言わないのだ。なんとかして,相手のいいところを見つけよう,自分が共感できるところを見つけようとして発言する。(p152)

 そして,そんな子どもたちの姿がどこから来るのか観察して,刑務所の先生方の姿勢に気づくのだった。

 先生方は,普段から,彼らのありのままの姿を認め,それを受けいれているというメッセージを発信し続けていらっしゃる。(中略)ともかく,いい機会さえ与えられれば,こんなにも伸びるのだ。それがなぜ,教室に来た当初は,土の塊のように見えたのか?(p152)

 「社会性涵養プログラム」の一環として授業を引き受けた寮さん。彼自身も,次のように受講者から学んでいる。

 わたし自身,詩を書く者であるのに,詩の言葉をどこかで信用していなかった。詩人という人々のもてあそぶ高級な玩具ではないか,と思っている節さえあった。/けれど,この教室をやってみて,わたしは「詩の力」を思い知らされた。(p.154)

 特にわたしの心に残った詩の一端を少し(ネタバレ)。

    ※

誕生日…産んでくれなんて 頼まなかった わたしが自分で あなたを親に選んで 生まれてきたんだよね

いつも いつでも やさしくて…くり返しがいいよ

クリスマス・プレゼント…ぼくのほんとうのママも きっと どこかで さびしがっているんだろうな 「しゃかい」ってやつに いじめられて たいへんで 

二倍のありがとう…ありがとう お父さん役までしてくれた ありがとう ぼくのお母さん

    ※

 ところどこにはさまれている,刑務所の建物や内部の写真。建物自体が詩的な雰囲気に見えてくる。

 本書には,本当はここに来るはずじゃなかった子どもたちの心の叫びと,そんな子どもたちがもともと持っている人間性を引き出す大人たちの世界が繰り広げられている。
 年に一度ある,刑務所の見学会に行ってみたいなと思ったが,今じゃ,この建物はホテルになっている?らしい。

|

DAI著『BREAKpoint 人生が変わる瞬間』

 この夏,DAIさんが珠洲市にやって来ます。熱いメッセージを中高生に聞いて欲しい。ぜったい,元気が出るから。




著者 : DAI
サンクチュアリ出版
発売日 : 2013-04-01
 ロックバンドおかんのボーカルDAIの,自伝的メッセージ本。
 行間を十分に取ったこの本は,本自体がまるで,歌のようでもあるし舞台を見ているようでもある。
 ときどき詩集か?とも思うけど,そっと隣の友達に話しているようにも感じる。時には,大声で叫んでいる場面もある。文字の大きさが変わったり,縦書きになったり,バックが黒一色になったりいろんな写真が重なったり…と…ページをめくるごとに,変化があって,一気に読んでしまった。再度,写真と文章のコラボに注目して読んでみたいと思う。
 両親のケンカ,離婚,いじめ,自身の体のこと心のこと。これらの内容が赤裸々に語られながら,真っ直ぐに生きていくことの大切さ,失敗しながらも自分の足で進むことの大切さを教えてくれる。
 息苦しさを感じている子どもたちに読んで欲しい。俺なんてと思っている大人たちにも読んで欲しい。そして,同時に,歌も聞いてほしい。

|

『はたらく細胞BLACK』

『はたらく細胞』の姉妹本。わたしは,こっちの方が気に入った。

「はたらく細胞」の社会(つまり人の体)が,喫煙・暴食・ストレスなどに犯されていたら,その細胞たちは,どんなはたらきになるのか…それを,現在のブラック企業になぞらえて描いた作品です。
 一酸化炭素が大量に入ってきたり,血栓ができたり…細胞建ちがいくら一生懸命はたらいても,社会(労働環境)は良くなりません。それどころか,社会全体が一刻一刻,破滅へと向かっていきます。
 『はたらく細胞』を貸してくれた女の子が「BKACKの方は大人向けだって」とお姉ちゃんからの伝言を伝えてくれました。確かに,内容も大人ですし,出てくるキャラクターもちょっとエロい。白血球が「男子」から胸の大きな「女子」になっているしね。
 BLACKもあまり予備知識無く読めるように,小さな字で解説がついています。おもしろかったですぞ。『はたらく細胞』以上におすすめです。

|

より以前の記事一覧