日記・コラム・つぶやき

ある瞬間

170929 教職員の机の上って,パソコンと何かの書類と子どものノートでうずたかく積まれていることが多いのですが,ある瞬間には,こんな可愛いオブジェを見ることもできます。
 なんか,ホッとしますね。

| | トラックバック (0)

お祭りも終わり…

170923 年に一度のお祭りも無事終わりました。心配されていた山車の数も,5地区中3地区は出すことができて,まあまあかたちにはなりました。でも,数年前から,5基揃うことはなくなってきたのが寂しいです。
 来年は,どうなるのか。作っているメンバーも1年1年歳をとるしね~。
 地元に若い子は残っていないけど,祭当日になると金沢などから帰ってきてくれます。祭を楽しみにしているそんな若者やその子どもたちのためにも,できるだけ続けていきたいと思っているのですが…なにせ,歳には勝てない。

| | トラックバック (0)

最後の能登ピースサイクル

170902 8月の終わり頃,昔の同志から電話がかかってきた。
「ピースサイクルの高橋さんが来市する。今年でラストランにするらしい。久しぶりに,もと反連協のメンバーと会合を持ちたいと言っているので,参加してもらえないか。」
 ピースサイクルといえば,大阪方面からやってくるメンバーで,平和や反核を訴えながら,自転車で走る運動を続けている人たちだ。珠洲に原発建設問題があったころ,毎年のようにやってきて,原発反対を訴えてくれた人たち。子どもたちが一緒に走っていたこともある。わたしも,短い距離だったが,珠洲から輪島まで,同走したこともあった。
 ピースサイクルのメンバーは,当然,みな高齢化してきていて,確かに,このままじゃ,事故る可能性も否定できない。
 高橋さんは,「本当は,志賀原発が廃炉になるまで続けたかったが,それが叶えられなくなったのが残念だ」とおっしゃっておられた。
 当時,珠洲市内の推進派からは,「外人部隊」と揶揄されていたが,彼らによると,
「地元を走っていて,こんなに歓迎され,手を振られ,交流会に招かれるようなピースサイクルは能登ピースだけだ。」
とふり返っていた。
 原発のない珠洲市を目指す私たちにとっては,とても力強い人たちだったのは確かだ。

 里山里海とそれに関わる文化がしっかりと残り,世界農業遺産に指定されたのも,原発のない珠洲だからこそなんだと思います。

 能登ピースサイクルのみなさん,長い間,ありがとうございました。志賀原発,きっと廃炉になるでしょう。

| | トラックバック (0)

形見のシュロの木

170901 神さんのオヤジさんは,野菜作りや庭いじりが好きでした。自宅には,狭いながらも管理された立派な庭があります。
 亡くなってからは,管理する人がいないので,少しずつ荒れてきています。
 そこで,実家の庭から,運べる物(で,しかもうちにおける場所があるもの)を運んでくることにしました。その一つが,シュロの木の鉢植えです。
 玄関に置いてみました。和風の玄関に結構似合います。この夏の間に,新しい葉も2枚出てきました。順調に育っています。
170901_02 もう一つ,灯籠も持ってきました。2つあったのですが,小さい方を分解して…。
 池のそばに設置すると,なかなかしっかりと雰囲気を出してくれています。
 オヤジさんの形見として,大切にしたいです。

| | トラックバック (0)

一人で夕日を見ながらコースを頂く

170828 夏の思い出。
 金沢国際ホテルで,一人で泊まった。
 金沢に住んでいる友人に声を掛けてみたが,一緒に夕食を食べる人はいない。
 仕方がないので,一人で国際ホテルの最上階にある和風レストランへ。
 時間が早かったので,お客さんは私1人。
 実は,私は,1人で行動するのが苦手な方なんですよね。
 金沢の夕日~夜景を見ながら,ゆったりと食事。
 贅沢な時間と言えばそうなのだが,なんとなく居心地の悪い,時間をもてあましていた。

| | トラックバック (0)

学生以来の「大谷本廟」へ

170818_01 末娘を送るがてら,京都の大谷本廟へ行ってきました。ここには,うちのお墓があるからです。オヤジの3回忌も終わったので,納骨に行って来ました。
 学生の頃,大谷本廟の墓地にあるうちの墓が傾いていたのを,私が近くの石屋さんに頼んで修理したことがあります。懐かしい思い出です。
 それ以来の訪問だったので,どこにあったのかも全く忘れちゃって,大変でした。今回は,感のするどい娘が見つけてくれました。
 とりあえず,あとはお袋のも納骨するつもりですが,「私の世代は,もういいよ」と娘たちには言っています。

170818_02 納骨の手続きは初めてなので,ネットを見てから行ったのですが,それでもあたふた(^^;;  受付を済ませると,写真のようなカードを貰いました。カードの裏には,わたしの家のお墓の場所が書かれています。「○区××-×」なんてね。今後は,このカードを提示するだけでOKだそうです。お墓までカードとは…時代を感じます。

| | トラックバック (0)

帰省第3弾

170815_01 帰省第3弾は,末娘。帰省する前から「今度,帰省したら釣りがしたい」と言っていたのだが,お盆前にやっと時間が取れたので,2人で飯田港に行ってみた。
 13日は,夕方の4時頃に家を出て,サビキ釣りに挑戦。
 前もってエサを買っていなかったので,小さめの冷凍していない奴を300円で購入。数匹釣れただけで帰宅。それでも,久しぶりに釣りに喜んでいたし,自分で塩焼きしていた。写真は,第1ヒットの時の記念写真。うれしそう。
 次の日は,早いうちに冷凍オキアミを購入して,解凍しておき,お茶も確保し,車にはブルートゥースのスピーカーも積み込んで,長期戦に備えて準備万端。午後3時半頃から日没までやるつもりで出かけました。
170815_02 昨日とは違った場所に陣取って,サビキ釣りを釣り始めました。
 途中で,「なにも釣れなかったわ~」という同僚の家族に遭遇。
 「じゃあ,この場所で一緒に釣りませんか? よく釣れますよ」ということで,エサも分けてあげて,一緒に釣りました。
 合計4本の竿には,ミニアジがじゃんじゃかかかって,うちの取り分だけでも60匹を超えていました。全部で100は行ったかも。
 これは,家で唐揚げにして食べました。

| | トラックバック (0)

娘家族の帰省

170812 神戸・奈良チームが帰ったあと,今度は,娘家族が8日~10日の2泊3日で我が家にやってきました。
 お袋にとっては,引き続き曾孫や孫が帰ってくるというので,体調もすこぶる元気で,封筒に「おこづかい」を入れて待っていました(^^;;
 しかし,生憎,台風が近付いていて,しかも,この台風はなぜか能登半島に向かってきていたので,道中も心配だったのですが,わりと,順調にこれたようです。
 叔母ちゃんからのプレゼントの甚平を着せてもらって記念撮影。なにせ,叔母ちゃんからは「着せてたら,写真撮っておくってね」と言われていたのでね。

| | トラックバック (0)

劇団四季と暁斎

170812_01 6日,金沢で劇団四季の「アンデルセン」を見てきました。子どもたちも結構きていましたが,とても静かに見てくれていました。内容が分かりやすかったんだと思います。
  劇団四季の劇場でやるわけではないので,舞台装置なんて,それなりのものかと思っていましたが,いやいやどうして,しっかりと仕掛けのある舞台装置で,「よくもまあ,これだけ準備をするもんだ」と感心して見ていました。
 一昨年に東京で,劇団四季をはじめて見てから,今回が3度目。プロの世界が素晴らしいです。

170812_02 この日,早めに金沢に着いたので,ついでに美術館で暁斎展を見てきました.とても風刺の効いた作品も多く,1点1点に意味があって,飽きませんでした。久しぶりに「図録集」も買ってしまいました。
 図録には,赤裸々な春画も多数収録されています。展覧会にはなかったのですが,これもまた,絵師たちの姿なんでしょうね。
 ま,書きたくて描いたのか,頼まれて描いたのかは知りませんが…。

 田舎に住んでいると,芸術に触れる機会もなかなかないのです。

| | トラックバック (0)

毎夏恒例の里帰り

170811_01 8月1日の夕方には帰宅。そして,家の中の掃除。
 8月2日~4日の間は,神戸・奈良に住んでいる姉の家族が,大挙してやってくるのです。今年は,姪たちのスケジュールの関係で,中1日しか遊べないようなので,鉢ヶ崎の海に行ってきました。海水の透明度は最高でした。思いっきり水遊びをしました。
170811 夜は,会食。
 会食が終わった後は,恒例の花火に加えて,今年は「足算」というカードゲームを紹介しました。
 すると,1年生になったばかりの子はとても気に入ったようで,後日,その母親(姪)から以下のようなメッセージが送られてきました。

たくさんお世話になりましたぁ。お会いできて嬉しかったでーす❣️
😊○○○も○○○もいっぱい遊んでもらってとっても楽しかったぁ!と大喜びでした♡
また奈良にも来てくださいねー💕
足算、○○○がかなり気に入ったみたいで、あれから何回もやってます👍
😊お友達のママさんもこれいいねー欲しい!って言うてました。
😆また友達にも広めときますねー🤗
色々ありがとうございました💓

 さすが「足算」です。みんなを引きつけているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧