仮説実験授業

出口陽正著『数学教育近代化運動と仮説実験授業』

Sugaku 著者の出口さんは,仮説実験授業研究会で,算数・数学の授業書を数多く作成してきた人です。板倉聖宣さんの方法論に学び,実験できる算数を中心とした授業書や仮説証明授業と言った,新しい分野の開拓を進めて来ました。私も,そのうちいくつの授業書を授業にかけ,子どもたちから喜ばれた経験がたくさんあります。
 さて,本書は,わが国の算数数学教育の歴史を紐解き,算数数学教育がいかに改革しようとされ,実際に改革されてきたのかが,コンパクトにまとめられています。その歴史をふり返る作業は,同時に,出口氏ご自身が研究・作成してきた授業書が,数学教育史上でどんな位置を示すのかを探る作業でもあります。
 第1部は「実験できる算数/数学の系譜」。授業書《2倍3倍の世界》に関わって,以前にはどのような実践例があったのかを明治まで遡って調べています。ジョン・ペリーや小倉金之助など,とても興味深い数学教育実践家がいたことが紹介されます。ここでは,《2倍3倍》に出てくる面積や体積の大きさ比べをするときに重さで調べる方法がずっと前に開発さていたことも出てきます。
 第2部は「対数グラフとその教育の歴史」。これは《0と1》という授業書を開発するに際し,その授業書の教育的意味・歴史的位置づけを調べるべくまとめたというレポートです。
 対数グラフがいつ頃から使われてきたのか,だれが作ったのか? どうして今の教科書からは消えているのか…など,謎解きのような感じで読むことができます。対数グラフの便利さは,知っていないと分かりません。「対数」と聞いただけで毛嫌いしてからでは遅い。もっとはやい段階からこのグラフを導入できれば,社会を見る〈ものの見方・考え方〉に大きく影響すると思いました。
 これまでも,数学教育史の本をいろいろ探してきましたが,遠山啓さんの著作集に少しあるくらいで,なかなか見つかりませんでした。ならば,書いてしまえ…というのが,出口さんのお仕事でした。
 本書のように,各論突破で算数数学教育史を調べることで,算数数学教育が歩んできた全体像が少しずつ見えてくるんだろうなと思います。

| | トラックバック (0)

山路敏英編集『あなたお葬式どうする?』

Ososiki 私が所属している研究会は,子どもたちに科学的な考え方を身につけてもらおう,科学を好きになってもらおう,そして何より自分を好きになってもらおう…そのためには,どんな教材を用いてどんな教え方をすればいいのか…ということを研究する団体です。で,当然ながら,考え方そのものも,科学的であろうとするので,信仰面では無宗教の方々がいっぱいいます。
 ま,わたしの家には仏壇もあるし,代々(と言っても,そんなに昔じゃないだろうけれども),浄土真宗本願寺派のお寺さんの檀家でもありますので…私自身は無宗教でも…お墓の心配もしなくていいのですが,都会の人たちは,そうも言っていられません。そこで,研究会の中では,本書のようなことも研究することになるのです。
 なかなかユニークな内容の本でした。

| | トラックバック (0)

村西正良編『サモス島から旅ははじまった』

Samosu 研究会仲間のメンバーたちが,知りたいことを追い求めて(我が好奇心を抑えきれずに),ギリシャまで行って来たという旅の報告記です。いやー,面白かったです。
 京都の吉田さんを中心として,13名での旅行。リアルタイムの情報は,FBも流れていたのですが,こうしてまとまったのを読むと,よく頭に入ってきます。13名が,それぞれの眼で見ているのが,おもしろいです。気候,地質,歴史,習慣など,多岐にわたるレポートは,読んでいてドキドキしました。
 本書は,自家製版なので,本屋さんでは手に入りません。こういうのを作って交流するのも,うちの研究会の楽しさの一つです。今年の夏は,ホンモノのレポを聞いてこようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八重咲きのヤマブキ

170502 昨年,別の植物を植えるために移植した八重咲きのヤマブキが,今年もしっかり咲いてくれました。
 数年前,庭にこれを植えたのは,仮説実験授業《花と実》の授業での際に,子どもたちのホンモノの花を見せたいがためです。ただ,今年は,見せる予定がないので,ちょっと残念。でも,年年株も大きくなって来ているのがうれしい。

| | トラックバック (0)

最後の授業は「しゅぽしゅぽ」

20140922090946222 今年度の6年生との最後の授業は大道仮説実験〈しゅぽしゅぽ〉で締めくくることにしました。
 というのも,ここ2か月の間に,サークル関係者で2度も話題になっていて,しかも,私自身が体験して楽しかったからです。
 1時間しかなかったので,短縮版でやりましたが,子どもたちは,十分楽しんでくれました。「馬」「鹿」の札もつけてくれました。男子1チームだけではなく,女子チームも「馬」「鹿」をつけて楽しんでくれました(この札を持っていって,担任に写真を撮ってもらったようです。その「馬鹿」は,あとで理科室までもどってきました(^^;;)。
 馬鹿の意味が分からない方は,過去の記事を見てください。
 大気圧を感じることのできるこのプラン。とってもおもしろいです。やっている指導者がたのしんだから。
 この授業をしながら,教科書なんてなかったら,もっと理科が好きになれるのに…と,思っていました。これ,本音です。
 だって,リトマス反応の色を覚えて何になる!! メダカの雄雌の違いを覚えて何になる!! それが,理科の基礎基本のはずがない。
 上のイラストは,「楽しい〈科学&実験〉」より転載しました。
 このサイトは,http://yonatuyo.blog.fc2.com/blog-entry-10.html?spです。

| | トラックバック (0)

チューリップの芽

170228 これまた,野村さんの学校の理科室での一枚。
 仮説実験授業《花と実》の授業書の中に「チューリップにも実がなり種ができると思いますか」という問題があります。球根しか知らない子どもたちは,花が咲いた後に実ができると思うけど,見たことないし…と迷うことになります。
 ここで,わたしは,以前とっておいたチューリップの実とタネを用意して見せてあげます。
 そして「このタネから花を咲かせるまでには,七年くらいかかるんだよ」と言って終わっていました…が,野村さんは違います。
 ちゃんと,そのタネを植えて育てているんです。写真がそれです。
 タネを見せるだけで,そのあと保管している私とは違って,ちゃんと育てているのが流石です。
 タネを撒いてしまうと,またとらないと…と思って大切にしているようじゃ,まだまだということですね。

| | トラックバック (0)

ミョウバンの結晶

170227_01 野村さん退職記念の会の受付の傍に,とてもきれいな結晶が飾られていました。それは,ミョウバンの結晶です。こんな大きなものができるまでには、相当な時間がたっているはずです。よくもまあ,根気よく続けられたものです。
 翌日,今,勤務されている不動寺小学校の理科室も見せてもらいましたが,そこには,今,育てている途中のミョウバンがありました。子どもたちの名前の書いてあるケースもありました。
170227 子どもたちも野村さんも,結晶の形がきれいな正八面体になるように,毎日,理科室に来ては,この容器の中の結晶を回転させているそうです。気の遠くなる話だなあ。しかも,いつもきれいな飽和ミョウバン水溶液も準備されていました。不必要な結晶ができると,そこからいびつな形になってきますからね。
 根気がないと,なかなかここまでできませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退職記念の楽しい講座に参加しました

 今年の3月で退職される先輩の退職記念の会に参加してきました。研究会の先輩なのです。うちの研究会の退職記念の会は,飲み会だけではありません。
170225_01 今回も,午前中から午後にかけて,楽しい授業に関する講座がありました。退職されるN先生と,昨年,一昨年と退職された先生の楽しい実験講座を受けました。
 どの講座も,頭が刺激されたり,驚きの実験があったりと,あっという間の楽しい時間でした。
 上の写真は,静電気の講座の一コマです。帯電した2人の間で,アルミホイルで作ったボールが振動するという実験を見せてくださいました。手を近づけるのを怖がっていた2人の姿が印象的でした。真ん中にいるのが,退職されるN先生です。
170225_02 真ん中の写真は,「しゅぽしゅぽ」という講座の一コマです。ボールを使って作ったマグデブルグ半球を使った実験をしているところです。この講座をしてくださった貝田先生は,昨年,小学校現場を退職されましたが,現在は,「サイエンスヒルズこまつ」に勤務していて,子どもや大人相手にいろいろな科学実験などの講座をしておいでます。出張もするそうですから,どうですか?
170225_03 一番下の写真は,四ヶ浦先生の講座の様子です。参加者の子どもたちが,氷の上の水晶玉とガラス玉の様子に釘付けになっています。四ヶ浦先生は,最近,宮澤賢治の文学に現れている化学実験を再現して,賢治の文学をより深く理解できないかと,研究を続けておられます。今回の講座では,その研究の一端を紹介して下さいました。実は,私が今一番注目しているのが,この四ヶ浦さんの研究です。私も,賢治が好きなので,これからの展開がとても楽しみです。この講座の内容も,サイエンスヒルズこまつで,予定されています。
 そのあと,とっても雰囲気のいい旅館に移動しての懇親会でしたが,これは,また,項を温めて紹介します。

| | トラックバック (0)

サークルの例会でした

170218 今日はサークルでした。
 4名の参加でした。
 卒業アルバムや卒業文集の編集の話から,レクリエーションの実際(写真)まで,幅広い話題が出ました。
 私からは,浜田寿美男さんの本から学んだことや《おもりのはたらき》の授業のこと,手作りかるたのことなどをまとめていきました。
170218_02 また,《おもりのはたらき》で使える可愛いグッズも紹介しました。
 

| | トラックバック (0)

ヨットづくり

170216 2年生の生活科で,《おもりのはたらき》という授業をしています。
 これは,昔懐かしい,やじろべえ・おきあがりこぼし・よっと(帆掛け船?)を作りながら,それらがうまく動くためには,どんな条件が必要なのかを考えていくものです。
 授業も終盤にさしかかり,今日は,ヨットを作りはじめました。
 理科室に眠っていたフィルムケースを胴体として,千枚通しに穴をあけて,竹串を差し込みます。三角形に切った画用紙を付けてできあがり…とは行きません。このままだと,ヨットは倒れてしまって浮きません。そこで,「おもり」の登場です。自分の作った帆に合わせたおもりはなかなか見つからずに四苦八苦。
 今日は障りだけ。来週には,1時間使って,ちゃんと浮くヨットを作ります。楽しみだなあ。
 写真は,「来週やるからね」と言ったにもかかわらず,昼休みも試行錯誤して,ついに浮かせた子どものヨットです。色が塗ってないヨットは,私の試作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧