« 渋沢栄一著『論語と算盤』(現代語訳,ちくま新書) | トップページ

ファラデー著『ろうそくの科学』

 学校に来ている図書館司書の先生から「ファラデーの『ろうそくの科学』を持っていませんか?」と聞かれて,そういえば,30年ほど前に買ったなあと思いだし,再読してみた。これ,確かにおもしろい。今なら,実験を再現して科学講義ができそう。だれかやってくれんかな。

 今年のノーベル賞受賞者の吉野彰氏が,小学校の先生に勧められて読んで教えられた本として紹介されていたので,すぐに店頭から消えたという。この現象,毎度のことだけど…。
 わたしの本棚にあったのは,岩波文庫版。矢島祐利訳である。
 内容は,子ども向けクリスマスレクチャーの講演の様子を収めたもの。講演の場所は王認学会(ロイヤル・インスティテュート)で,当時は,いろいろな科学者が一般人向けに講演をしてきたらしい。
 ファラデーは,製本屋にはたらきながら,そこに書かれている文章を読んで科学に興味をもったという経緯がある。その後,曲折を経てデーヴィーの助手として働き始める。そして,中学校でも習う科学的な大発見をするのだ。
 本書は,「ろうそくの科学」と書かれているが,「そうそく」は単なる出発点である。6回の講演の中で,「ろうそく」が燃えると何がどうなるのか。空気とはなんなのか。燃えるとはなんなのか…など,いろいろな知識をユニークな実験を交えながら教えてくれる。本書にはところどころに分かりやすい実験器具の図も掲載されているので,ややこしい解説を読む助けになるだろう。
 子どもにはちょっと難解だと思われるが,吉野氏は本書を手に取って読んだんだと思う。他の会社からも数冊,『ろうそくの科学』が出ているけど,吉野氏の小学生の頃には出版されていなかっただろうし…。(本書の発行は1933年)
 ここまで感想を書いてみて,気づいたことがある。それは,今,手に入る岩波文庫版(上のカバーのもの)は訳者も変わっているし,ページ数も多くなっているようだ。これは読み比べてみるのもおもしろいかも。

 最後に,本書の最後の文章を紹介しておこう。

 そこで私はこの講話の最後の言葉として,諸君の生命が長くロウソクの炎のように続いて同胞のために明るい光輝となり,諸君のあらゆる行動はロウソクの炎のような美しさを示し,諸君は人類の福祉のための義務の遂行に全生命をささげられんことを希望する次第であります。(p119)

|

« 渋沢栄一著『論語と算盤』(現代語訳,ちくま新書) | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事