« 台風一過 | トップページ | 庄田望著『白蓮華』 »

ロバート・キャンベル著『井上陽水英訳詞集』

 日本文学の研究者ロバート・キャンベルが、病気を患って入院していたとき、ベットの上で毎日一つずつ井上陽水の歌詞を英語に訳してみたーそれらを集めた本です。
 訳していたときには、「後々本にしよう」などと思っていたわけではなく、単に、「何かやりたかった」からやってみたのらしいですが……。
 本書には、歌詞をめぐる井上陽水との対談も取り上げられています。陽水がどのような思いでその歌詞を書いたのか……そんなことも聞き出したりして、なかなか面白い。ロバートが「こんな風な英訳にしてみたいのだが」というと「それはちょっとニュアンスが違う」「そんな風に考えたことがなかった」などと反応するのです。
 陽水の歌詞は、日本語で読んでもなかなか捉えどころがないことが多いので(だからこそ人気もあるといえますが)、それを英訳しようとすると、その歌詞を読んだ人の主観がどんどん入り込んできます。英語には主語があるのが当たり前ですが、英訳するときにその主語をIにするのかWEにするのか。はたまた、YOUにするのか三人称単数にするのか。時制は現在なのか過去なのか。いろんなことが気になってくるのです。
 50曲の歌詞とその英訳だけを読んでも面白いですが、本書の半分以上を占めているロバートの解説を読むことで、より日本語の歌詞と英訳を対比しながら読んでみたい思えると思います。実際私は、あっちこっちめくりながらスマホで単語を調べながら読んでみました。
 まだ、50曲すべては読んでいませんが…。
 ロバートの日本文学研究の片鱗があちこちにちりばめられてもいて、なかなか読み応えのある本です。
 解説部分の英語単語にカタカナが振ってあって、ちょっとびっくりしました。

|

« 台風一過 | トップページ | 庄田望著『白蓮華』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事