« 池上彰著『わかりやすさの罠』 | トップページ | 北國新聞社出版局編『宗玄の挑戦~能登杜氏を生んだ250年酒蔵』 »

藤岡換太郎著『フォッサマグナ』

 久しぶりにネットではなく,本屋さんで出会った本。そして久しぶりに手に取ったBLUE BACKSです。
 「そういえば,フォッサマグナについてはしっかり調べたことがなかったなあ」「この本は読みやすそうだな」と思い購入。予想どおり,とても興味深く,ミステリアスで,謎解きのような本でした。
 フォッサマグナがどのように出来たのかについて,まだ定説がないことにビックリ。それでも,藤岡さんは,他のさまざまな事実を総合しながら,自分の仮説を提出してくれています。
 糸魚川静岡構造線の境目には私も行ったことがあります。地層の様子が明らかに違っていてなかなか興奮する場所でした。近くの駐車場には枕状溶岩の露頭も見れます。もう一度,行ってみたくなったな。
 本書は,フォッサマグナといいながらも,結局は,日本列島はどのようにして出来たのかがちゃんと書かれていて,そういう意味でも,日本列島の誕生を知る入門書となっています。
 いやー,地学っておもしろいわ。

|

« 池上彰著『わかりやすさの罠』 | トップページ | 北國新聞社出版局編『宗玄の挑戦~能登杜氏を生んだ250年酒蔵』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池上彰著『わかりやすさの罠』 | トップページ | 北國新聞社出版局編『宗玄の挑戦~能登杜氏を生んだ250年酒蔵』 »