« 2019年4月 | トップページ

浅井リョウ著『武道館』(文藝春秋)

文藝春秋
発売日 : 2015-04-24
 浅井リョウがアイドルを扱うと,こんな感じになるんだなあ~というのが,読後の第1印象。
 大地と愛子という幼なじみの設定が,一貫して物語の縦の線を貫いている。
 アイドルグループが武道館を目指して成長する物語…といいたいところだが,そこは,もちろん,「よかったね! ちゃんちゃん!」では終わらないリョウの世界がある。人の成長とは何か,アイドルを売るとは何か,夢とは何か,いろんなことを考えさせられる物語でした。

 この社会では,他人の欠点をあげつらって不幸を願う悲しい人々のなんと多いことか。もっとみんなが人の幸せを願うことを目指して欲しいと思う。だれかが何かをやらかすのを待って,バッシングする社会は,ただただ窮屈なだけ。
 人が成長していくというのは,自分で,そのときどきの生き方を選択していくということ。どんな選択であっても,それは「シメタ」と思えたほうがよい。

 以下は,文章からの引用文です。

「愛子は,その全員の選択に,テストで正解を出したときみたいに,赤いマルをつけたかった。やりたいこと,夢,今自分がいる環境,現実。すべては両立しない。だから人は選択をする。ならば,その選択にどうにかしてマルをつけたかった。」(P.260)

 そう,どんな選択もマルなんです。心からそう思えるだけで,どれだけ気が楽になることか。「こんな選択でよかったのか」となやむよりも,「次にどう選択するか」と考える方がよほどいいです。

 この物語のエンディングは,心温まりました。

|

北國新聞社出版局編『宗玄の挑戦~能登杜氏を生んだ250年酒蔵』

 地酒「宗玄(そうげん)」の現在の社長がまとめた,「今の宗玄会社」の本といえばいいかな。
 ま,地元の本屋で見つけ,自分がいつも飲んでいる宗玄のことだから買って読んでみたのだが,ん~,こういうことを書き残す意味ってどこまであるんだろうか? 現在の会社の紹介のようなものになっていて,ちょっと期待外れ。
 今の社長になってから,いろいろと改革をしたらしいことが書かれていて,その改革に対して,古くからの社員からはなかなか理解が得られないこともあったという。それでも,改革を断行してきた。というような話だ。
 ただ,一消費者とすれば,今の様な,いろんな名前のお酒が出てくると,何がどうなのか分からなくなってしまってくる。「大吟醸」にも数種類あるし…。
 あまりにも戦略的に進めることの危険性はないのか心配にもなる。

 わたしとしては,もっともっと宗玄の歴史の部分を掘り起こして欲しかったなあ。

| | コメント (0)

藤岡換太郎著『フォッサマグナ』

 久しぶりにネットではなく,本屋さんで出会った本。そして久しぶりに手に取ったBLUE BACKSです。
 「そういえば,フォッサマグナについてはしっかり調べたことがなかったなあ」「この本は読みやすそうだな」と思い購入。予想どおり,とても興味深く,ミステリアスで,謎解きのような本でした。
 フォッサマグナがどのように出来たのかについて,まだ定説がないことにビックリ。それでも,藤岡さんは,他のさまざまな事実を総合しながら,自分の仮説を提出してくれています。
 糸魚川静岡構造線の境目には私も行ったことがあります。地層の様子が明らかに違っていてなかなか興奮する場所でした。近くの駐車場には枕状溶岩の露頭も見れます。もう一度,行ってみたくなったな。
 本書は,フォッサマグナといいながらも,結局は,日本列島はどのようにして出来たのかがちゃんと書かれていて,そういう意味でも,日本列島の誕生を知る入門書となっています。
 いやー,地学っておもしろいわ。

| | コメント (0)

池上彰著『わかりやすさの罠』

 分かりやすい説明で有名な著者が書いた「わかりやすさの罠」というお話。ちょっと興味が沸いてくる書名…そんなわけで読んでみた。
 著者は,分かりやすく演説して(そしてまんまと成功した)政治家として,トランプや小泉純一郎をあげている。この二人に共通するのは,言い切った言葉(アメリカファースト,郵政民営化)により,主権者に「他にいろいろと考えなくてもよい」と思わせるところだ。でもこういう言葉にまどわされて大きく世論が動いた結果,その先に待っていたものってなんだったのだろう。郵政民営化後の日本はどのように変わったのか? 何かプラスになったのか。よく分からない。トランプになってから,世界の進むべき方向が変になってきたし…。
 「分かったつもり」になることへの対策もいくつかあげてくれている。それは,複数の新聞を読むことであったり,リアルな書店に出向くことであったりするのだが,ま,アドバイスに真新しいことはあまりない。
 それでも,最近,SNSに書きこんだり,Amazonばかり利用しているわたしにとっては,ちょっと警鐘を鳴らしてくれる本だった。実際,本書も,たまたま寄ったリアル本屋さんで手に取った1冊だしな。
 やっぱり,リアル本屋に行くのは大切だよ~。
 そして,SNSに書きこむよりも,となりの人に説明する方がよほど「よく分かる」に繋がるんだよ。
 そういいながら,わたしはSNSに書きこむのであった。

|

« 2019年4月 | トップページ