« 青木優和文・畑中富美子絵『われから』 | トップページ | 厚さ2センチくらいの板に「文化十?年」の文字が »

浅井リョウ著『世界地図の下書き』

 児童養護施設の子どもたちを描いた作品。あまり小説を読む方じゃないので,こういうタイプの内容は初めてだ。
 小学校から高校生まで,さまざまな子が出てくるが,その子たちは,当然,いろんな〈もの〉を抱えているからこそ,ここに,いる。その〈もの〉は一人一人違うから,施設の中の子どもたち同士でさえ,うやらましがったり,見せびらかしたり,秘密にしたり…と,お互いに心を開くことはなかなかできない。
 しかし,そんな子どもたちが,今年高校を卒業して施設を離れてしまう佐緒里(佐緒里は進学を諦めて親戚の家に働きに行くことになってしまった)を勇気づけようと,協力して〈あること〉をしかけようと計画するが…。

以下,ネタバレ注意!

 ラストのシーンは,とってもよかった。浅井さんだから,また何かどんでん返しでもあるのかと心配してたけど,そうでもなかった。
 佐緒里に思いを寄せる(たぶん初恋だな)6年生の太輔の気持ちが,これまた,とてもいい。
 最後の5ページくらいで,浅井さんからのメッセージが伝わってきて,「ここがいやならにげていい」「別にガマンしなくていい」「この先にも,また分かってくれる人が絶体いる」と励まされる。

 「私たちは,絶体にまた,わたしたちみたいな人に出会える」
 「逃げた先にも,同じだけの希望はあるはずだもん」
 こんな佐緒里の言葉に胸を熱くするわたしであった。
 

|

« 青木優和文・畑中富美子絵『われから』 | トップページ | 厚さ2センチくらいの板に「文化十?年」の文字が »

書籍・雑誌」カテゴリの記事