« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »

別冊カドカワ『総力取材 高橋優』

 18年中ごろから,久しぶりに新しいシンガーソングライターの歌にハマってしまった。それが高橋優。ある歌番組で「福笑い」を聞いたとき「何だこの歌詞は!」と心をつかまれてしまい,気になってネットで調べた始めたのが運の尽き。今じゃ,全てのアルバムを持ち,携帯に入れて毎日聞くまでになったしまった。
 そんな高橋優のバックグラウンドにも興味を持って本書を手に取った。
 新作『STARTING OVER』の舞台裏,これまでのMVの概略,そして馴染みの人の「高橋優について語り」など,ファンにとってはとっても興味深い本に仕上がっている。
 それにしても,高橋優。恐るべきシンガーソングライターだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工藤勇一著『学校の「当たり前」をやめた。』

 工藤氏は,東京都の公立中学校の校長である。彼は,校長として,学校の「当たり前」に挑戦していく。宿題を廃止する,中間テスト期末テストをやめる,学級担任制を廃止して複数制にする…などなど。
 もちろん,これまでの当たり前をやめるだけでは,「改革」にはならない。
 工藤校長は,生徒に〈自律〉を求める。それは,同時に,自分自身にも,また教師たちにも〈自律〉を求めることにつながるのは言うまでもないだろう。
 生徒の〈自律〉を促すために,実にさまざまな「しかけ」を作っている。外部講師も惜しみなく導入し,子どもたちに「本物」とふれ合わせる。その手腕の見事さ。
 2013年からたったの5年で,公立中学校が大きく変わった…変わることができた…ということに,私は驚いたし,希望も持った。校長がやる気を出せば,学校は変われるのだ。保護者・地域とともに作る学校のイメージも伝わってくる。決して,校長の独りよがりではない実践が詰まっている本である。
 
 残念ながら私の周りには,児童・生徒を見るよりも,教育委員会の顔色をうかがうばかりのリーダーしかいない。こういう本を読んで,彼・彼女らはどう思うのか,感想を交換したいものである。
 

| | トラックバック (0)

寺脇研著『危ない「道徳教科書」』

 「特別な教科」として出発した「道徳」。本書は,2018年度から小学校で行われている「特別な教科=道徳」に関して,何が危惧されるのか,そして,現実に何が起きているのか…について,具体例も挙げながら示してくれています。
 例えば,ある会社の小学生むけの道徳教科書に「星野君の二塁打」という教材がありますが,これの取り上げ方には,大変問題があるといいます。内容は,監督のバンド指示を守らなかった星野君(結果的にはヒットを打ってチームが勝つ)が,監督から強く反省を迫られる…という話ですが,授業展開例を読むと「監督の指示は必ず守るべきである」「自分のことよりも集団の規律(この場合は,監督の指示=集団の規律)を優先すべきである」ということを決まり切ったこととして押しつけているだけだ―といいます。
 しかし,2018年,問題になった大学のアメフト試合のことを考えるとき,この結論がいかに馬鹿げているのかが分かります。
 文科省自らが言っている「討論する道徳」「主体的に考える道徳」という目標からも大きく離れつつある学校の道徳教育ですが,なぜ,こうなったのかというと,教科化を急いだからです。なぜ急いだのかというと,政治的な圧力があったからなのは間違いありません。
 かといって,今すぐに「やっぱり教科化はやめよう」とはなりません(たとえ安倍政権が終わっても…です)。ましてや「道徳教科化反対!」と旗を揚げても,現場の改革にはつながりません。今の現状を受け入れながら,「子どもが主体的に考える道徳の授業」に改善していくための方法を私たち現場の教師は考えていく必要があるようです。
 元文科相に勤めていた寺脇さんの文章は,説得力もあります。

| | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »