« 舟橋川にサケ遡上? | トップページ | 目の模型づくり »

山口輝臣編『はじめての明治史』

 じっくり勉強した気分です。わりと読みやすかったけど,なんども眠りに落ちた。

 最近,「西郷どん」の影響か,明治が気になります。
 本書を読むと,「明治時代とはどんな時代だったのか」…その概略がつかめます。年号と天皇の世が一致していた最初の時代。天皇は死んだ後,明治天皇と呼ばれていますが,こういう風な諡のようなことは,明治からです。明治・大正・昭和・平成…このような日本のやり方がこれからも続くのか,それとも年号や天皇などはなくなっていくのか,それは,後世の国民の選択に俟つべきでしょう。
 少なくとも,この明治の時代は,そこで生きていた本人たち自身が「私は明治の時代を生きている」と思っていたということです。だからこそ,「明治史」という視点で歴史を見る必然性も出てくるのではないか…著者たちは,そう言います。
 本書は,東大教養学部前期課程の連続講義をまとめたものですが,ま,義務教育+αの日本史の教科書的知識があれば読めると思います。
 日露戦争のキッカケにも関わった「満韓交換論」という言葉は初めて聞きました。また,華族にについても,あまり詳しく知らなかったので,興味深く読めました。

|

« 舟橋川にサケ遡上? | トップページ | 目の模型づくり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/67442232

この記事へのトラックバック一覧です: 山口輝臣編『はじめての明治史』:

« 舟橋川にサケ遡上? | トップページ | 目の模型づくり »