« 「月の満ち欠け」を考える…平面から立体への橋渡し | トップページ | ライオンの親子のフィギュア- »

谷崎潤一郎著『春琴抄』を読む

 ま,無料じゃはないと読もうとは思わない題材だけど,読んでみると。谷崎の小説は,なかなかおもしろい。
 変な男女関係が得意なのかな。目の見えなくなった春琴のために,自らの目を傷つける…なんて,すごい愛…これて,たぶん変人なんだけど,こういうところに注目する谷崎って,いつも何を考えていたんだろう。確かに,こんなに深い愛はないかも。なんとなく納得するように書かれているから怖い。

|

« 「月の満ち欠け」を考える…平面から立体への橋渡し | トップページ | ライオンの親子のフィギュア- »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/67248521

この記事へのトラックバック一覧です: 谷崎潤一郎著『春琴抄』を読む:

« 「月の満ち欠け」を考える…平面から立体への橋渡し | トップページ | ライオンの親子のフィギュア- »