« 今年の秋祭りも終了 | トップページ | 「月の満ち欠け」を考える…平面から立体への橋渡し »

大きさと距離を実感させるためのモデル

180928 6年生の理科「太陽と月の形」で,光源を太陽,ボールを月として行うモデル実験が出てきます。しかし,このモデル実験では,どうしても困ることがあります。それは,太陽光は平行に照らしているのですが,光源ではそうならないからです。
 例えば,日が沈んだ頃,西の空に三日月が見えるのを示すことは簡単にできますが,南の空の半月の時には,やや傾いた半月にしかなりません。180928_01これを避けるためには,しずんだはずの夕日を球の真横にまで持ってこないといけないのです。あるいは,体育館など広い場所でもっと強い光源を使って大がかりな実験をする必要があります。しかし,そのためには,スポットライトなどの設備が必要になり,なかなか難しい。
 そこで,やはり,太陽と月と地球の大きさや距離などを感覚的に知って置いてもらう必要があります。月と地球と太陽との位置関係は,実験室でやっているモデルとは桁が違うことを体験してもらっておくことで,子ども達は,すんなりと太陽光線が直線に入ってきていることを理解をしてくれるようになるでしょう。
180928_02_2 仮説実験授業《宇宙への道》には,そんな模型が出てきます。その模型の部分だけでも知らせておきたいと思いました。
 太陽と月と地球を30億分の1にすると,地球はまち針の先くらい,月は櫛の先くらい。さて,太陽は…50㎝の球です。これを,地球と月は12.5くらい離しておき,太陽を50mくらい離すと,およその「太陽と月と地球」のモデルになります。
 子どもたちも,面白がってやってくれましたよ。

|

« 今年の秋祭りも終了 | トップページ | 「月の満ち欠け」を考える…平面から立体への橋渡し »

仮説実験授業」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/67248661

この記事へのトラックバック一覧です: 大きさと距離を実感させるためのモデル:

« 今年の秋祭りも終了 | トップページ | 「月の満ち欠け」を考える…平面から立体への橋渡し »