« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

高野圭著『たのしく教師デビュー』

 一度は一般の会社に働いた高野さんが,明星大学の通信で教員免許状を取得し,高校に勤め,そして3年が経った…そんなころの事が綴られている本です。
 高野さんは,明星大学で,仮説実験授業とその考え方に出会います。そして,採用された現場でも,子どもたちと仮説実験授業をしたり,生徒指導でも,その考え方で接したりしていく中で,「先生の授業は楽しい」「先生のこと好き」「だいきらいな物理も楽しくなってきた」などと言ってもらえるようになるのです。
 ベテランの教師でなくても,子どもたちに歓迎される授業はできる。しかも高校でも可能である。そんなことを示してくれる内容でした。

明星大の恩師・小原茂巳さんのこんな言葉に,私も深く共感しました。

 だから,「〈意欲〉のない子ども達がいてあたりまえ」と思っていた方がいいですね。子ども達に対して,「意欲があるのがあたりまえ」と思ったら,…中略…「その態度はなんだ!」という風に,ムカついてしまいますから(笑)…中略…教師の役割として一番大事なのは,「興味を持続できること」=「〈意欲〉を持ってもらうこと」だと思うんですよね。(193p)

 意欲がないのは,子どもが悪いわけではないんです。これだけでも共通理解できると,学校はもっともっと子どもが過ごしやすい場所になるんですがねえ。

| | トラックバック (0)

椋鳩十著『動物ども』(復刻版)

 5年生国語の教材としていまやロングセラーになっている「大造じいさんとガン」というお話が収録されている本です。出版されたのは昭和18年5月。「大造爺さんと雁」という題名でした。本書には,他にも,14の動物に関するお話が収録されていて,どれも,動物の凜々しい姿が表現されています。私がもっているのは,ほるぷから出た復刻版です。
 それにしても,本書のタイトル『動物ども』の「ども」が気になってしまいます。「ども」には「たち」の意味があるのは分かりますが,なんとなく,自分より下に見下している表現のような気がするんです。昔はそうじゃなかったって事かなあ。
 今なら,『動物たち』といいたいところです。

三省堂の大辞林を参照してみます。

ども 【共】( 接尾 )
①  名詞に付いて、そのものが二つ以上であることを表す。 「者-進め」 「犬-」 「こまごましたこと-」 〔人を表す場合、現代語では「たち」にくらべて敬意が低く、目下の者や見下した意味合いに用いられる。「野郎-」「若造-」〕
②  一人称の代名詞に付いて、謙譲の意を添える。 「わたくし-の責任です」 「てまえ-の店では扱っておりません」
③  人を表す名詞に付いて、相手への呼び掛けに用いる。 「嫗-、いざたまへ/大和 156」

 やはり,私の感じたとおり,現代語ではその意味あいが微妙に変化してきたんですね。

| | トラックバック (0)

板倉聖宣著『板倉聖宣の考え方:授業・科学・人生』

 文字通り,今年,2月になくなった板倉聖宣氏の考え方に触れることのできる文章が30編,収められている。
 これまでにも,どこかで読んだことのある文章だけれども,こうして1冊の本になってみると,板倉氏の稀なる「社会を見る目」「ものを見る目」の確かさと,ユニークさが伝わってくる。
 板倉氏の科学論・哲学論の入門書でもあり,再入門書でもある。
 ここ数年の教育界の流れにどっぷり浸かってしまっている自分に気づかせてくれた。
 妥協しなくてもいい部分もいっぱいあるのだ。ちょっと最近は妥協しすぎているなあ。

| | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »