« 明石市立天文科学館訪問・続編 | トップページ | 「最後の晩餐」のBefore・After »

大塚国際美術館は確かにすごかった

180505_01 さて、明石大橋を渡り,淡路島を縦断した先にある徳島県鳴門市。そこに,一度は行ってみたいと思っていた美術館があります。大塚美術館です。大塚というのは,あの大塚製薬の大塚です。この美術館は,世界初の陶板名画美術館として,大塚グループ75周年を記念して建設されました。ものすごい大きな美術館です。
 内容は,古代壁画から西洋の名画まで,全て原寸大で展示されていて,しかも,ゆとりのある展示空間です。すべてをじっくり見て回るには,1日でも足りないくらいです。
180505_02 わたしたちは,午後2時前に入って,閉館ギリギリの午後5時30分までいましたが,それでも,最後はかけ足でした。いやー,迫力があったよなあ。
 一番上の写真は,エレベーターを上がると現れるミケランジェロ「システィーナ礼拝堂天井画および壁画」。まずは,これだけでビックリします。
 真ん中の写真は,私の好きなゴッホの「タンギー爺さん」。近くで見れるし,写真もOKというこの美術館は,本物を見るよりも,絵をじっくり近くで見ることができます。ホンモノは,暗い展示室で,ロープがあって…と,なかなか絵には近づけませんからね。

180505_03 一番下の写真は,ご存じ,ピカソの「ゲルニカ」。ずいぶん大きな絵だということが分かります。ピカソの愚かな戦争をくり返す人間への怒りが伝わってくるようでした。
 

|

« 明石市立天文科学館訪問・続編 | トップページ | 「最後の晩餐」のBefore・After »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/66820989

この記事へのトラックバック一覧です: 大塚国際美術館は確かにすごかった:

« 明石市立天文科学館訪問・続編 | トップページ | 「最後の晩餐」のBefore・After »