« 生野銀山その3 | トップページ | 明石市立天文科学館・日時計編 »

3度目の明石天文台

180502_01  正式には「明石市立天文科学館」というらしい。私はなぜか,昔から「明石天文台」って呼んでいる。
 ここに来るのは3度目。1度目は子どもの時。この施設の中に「月の上では自分の体重がどうなるのか」を計って記録用紙をもらった覚えがある。今となっては,確かな記憶なのかどうかは自信がない…。2度目は,ある方との待ち合わせ場所として…。この日は,初めて会う紳士とゆったり過ごし,その方の奥さんと共に中華料理屋でご馳走になった。バイオリンなどが趣味の,なんとも上品なご夫婦だった。科学館より,そっちの方の記憶が大きい。
180502_02  そして,今回が3度目。神さんが「まだ一度も行ったことがない」というので,寄ってみることにした。実際,1.5時間くらいかけて回ったのだが,これだけゆっくり回ったのは、初めてかも知れない。プラネタリウムは遠慮した。展示物を見るだけでも時間がかかった。

180502_03  とにかく,まずは,子午線だろう。子午線の意味が「子(ね)」と「午(うま)」にあることを初めて知った神さんは,喜んでいた。これは,常識じゃないんだろうなあ。確かに,科学館の車を見るとネズミのキャラクターが。

|

« 生野銀山その3 | トップページ | 明石市立天文科学館・日時計編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/66813718

この記事へのトラックバック一覧です: 3度目の明石天文台:

« 生野銀山その3 | トップページ | 明石市立天文科学館・日時計編 »