« キャベツって多年草だったんだ | トップページ | 生野銀山その2…露天掘りと断層 »

なかなかいいです。生野銀山

180430 兵庫県にある「生野銀山」に行ってきました。
 由来の看板も年季が入っていて,風情のある場所でした。

 兵庫県中央部、朝来(あさご)市にあった銀山。錫・銅・鉛なども産し、大同2年(807)発見と伝えられる。江戸幕府直轄となり、産出量を誇った。明治以後、三菱金属鉱業の鉱山となり、昭和48年(1973)閉山。(デジタル大辞泉)

180430_02 坑道にも入ることが出来ます。江戸時代のノミの跡や掘り進んだ狭い通路(狸堀)も見ることができるし,近代のダイナミックな掘削方法やその結果できた掘削跡も見ることができて,鉱山の歴史と時代の変化を感じることができました。亜鉛の鉱脈なんかもありました。
 置かれているマネキンがおもしろくて,それぞれに名前まで付いていました。子どもたちなら,そのマネキンを探し歩くだけでも,オリエンテーリングになるでしょう。休憩所に入ると,マツコ・デラックスのビデオが流れていて,その画面には,この銀山のマネキンたちが取り上げられていました。イケメンマネキンとして…です。面白~い。
180430_03 また,鉱山を外側から見ることもできます。上の写真の左の階段を登って行くとあります。これもまた,この場所の興味深いところです。さらに,地表に現れた断層も見ることができます。
 これらをしっかり堪能すると,軽く2時間はかかります。売店や展示場(無料)もあるので,休憩しながら過ごせました。
 人も多くないので,お薦めです。

|

« キャベツって多年草だったんだ | トップページ | 生野銀山その2…露天掘りと断層 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/66703362

この記事へのトラックバック一覧です: なかなかいいです。生野銀山:

« キャベツって多年草だったんだ | トップページ | 生野銀山その2…露天掘りと断層 »