« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

道の駅で見つけた一言

Img_5649_480x640 小浜市の道の駅で,こんな言葉を見つけました。
 やはり,夫や父が絡んだ言葉は,一度目に入ると頭の隅にくっついてはなれません。
 「○○の母」「○○の父」と言って思い浮かべる言葉って,どんなものがあるかな…と考えてみました。
 が,私の頭に浮かんだのは「ウルトラの父」だけでした。

| | トラックバック (0)

生野銀山その2…露天掘りと断層

180429_01 こんな看板に導かれて進むと,昔の坑道の入り口や露天掘りをした跡などを見ることができます。銀の鉱脈が縦に走っているのも感じられます(右下の写真)。
 また,わが国有数の粘土の断層の露頭も見ることができます(左下の写真)。歴史好き,理科好きにはたまらない場所です。ブラタモリでも紹介してくれないかなあ。

180429_02180429_03

| | トラックバック (0)

なかなかいいです。生野銀山

180430 兵庫県にある「生野銀山」に行ってきました。
 由来の看板も年季が入っていて,風情のある場所でした。

 兵庫県中央部、朝来(あさご)市にあった銀山。錫・銅・鉛なども産し、大同2年(807)発見と伝えられる。江戸幕府直轄となり、産出量を誇った。明治以後、三菱金属鉱業の鉱山となり、昭和48年(1973)閉山。(デジタル大辞泉)

180430_02 坑道にも入ることが出来ます。江戸時代のノミの跡や掘り進んだ狭い通路(狸堀)も見ることができるし,近代のダイナミックな掘削方法やその結果できた掘削跡も見ることができて,鉱山の歴史と時代の変化を感じることができました。亜鉛の鉱脈なんかもありました。
 置かれているマネキンがおもしろくて,それぞれに名前まで付いていました。子どもたちなら,そのマネキンを探し歩くだけでも,オリエンテーリングになるでしょう。休憩所に入ると,マツコ・デラックスのビデオが流れていて,その画面には,この銀山のマネキンたちが取り上げられていました。イケメンマネキンとして…です。面白~い。
180430_03 また,鉱山を外側から見ることもできます。上の写真の左の階段を登って行くとあります。これもまた,この場所の興味深いところです。さらに,地表に現れた断層も見ることができます。
 これらをしっかり堪能すると,軽く2時間はかかります。売店や展示場(無料)もあるので,休憩しながら過ごせました。
 人も多くないので,お薦めです。

| | トラックバック (0)

キャベツって多年草だったんだ

Img_5400_480x640 2年前,モンシロチョウをおびき寄せるために大きな鉢植えに苗を植えたキャベツをほおっておいたところ,今年も花が咲きました。
 これまでの学校では,畑に植えていたので,冬がくる前には掘り起こしていたので,キャベツがこんな風に冬越しをして育っていくものとはしりませんでした。
 調べてみると,
「キャベツはアブラナ科アブラナ属の多年草植物。野菜として広く利用され、栽培上は一年生植物として扱われる(ウィキペディア)。」と書かれていて,やはり,放っておけば多年草であることが分かります。
 こうなりゃ,肥料もやって,多年草の植物をしてもう一年育ててみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空中に浮いて回る地球儀

Img_5378_360x640 先日,研究会仲間の先輩の「退職記念の会」に参加した折,金沢高校のSさんから写真のような地球儀を見せてもらいました。
 この地球儀は,空中に浮いていて,しかも手で軽く回すとずっと回転を続けます。下の台についているスイッチで,地球儀の中のライトのオンオフが可能です。地球儀にライトがあることは,Sさんは知らなくて,ある講座で,この地球儀を見ていた子どもがタッチセンサーに気づいたそうです。さすが最近の子どもですね。
 かっこよくて,インテリアにもなるので,欲しいなあ。

| | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »