« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

黒田杏子編著『存在者 金子兜太』

 こんな本を手に取るようになるとは,1年前までは思ってもみませんでした。が,今,金子兜太にハマってしまっています。
 付録のCDをかけながら,夕方,家の裏の墓場近くの道を犬と散歩していたら,なんか,背筋が寒くなってきた。

著者 : 黒田杏子
藤原書店
発売日 : 2017-03-25
 先日(2018年2月)亡くなった兜太について書かれた,一番新しい本です。2017年4月発行です。
 編集者の黒田杏子は,ずっと兜太と付き合いのある俳人です。兜太は,この杏子について,あとがきで次のように述べています。

編集者である黒田杏子さんとは長い間のつきあいです。私は通常クロモモさんと呼んでおりますが,不思議なことに,この人と一緒に居りますと,落ち着きます。-中略-彼女は単なる聞き手ではない。私の内に眠っているさまざまな記憶や体験,主張といったものを,ごく自然に引き出してくれる魔法使いです。十九歳私より年下だということですが,ときどき私には姉のようにも感じられます。 (298p)

 そのクロモモさんが聞き取った兜太のインタビューは,第3章にまとめられています。インタビューの質問の部分(クロモモさんの言葉)は省略されて,一人語りのように編集されています。兜太自らが語る俳句伝記のようで,興味深く読みました。中村草田男や加藤楸邨らに影響を受けながら,独自の俳句世界を作っていく様子がよく分かります。

 内容は前後しますが,第2章には,あの東京新聞紙上で連載されていた「平和の俳句」について,同じ選者のいとうせいこう氏と(司会者の加古陽治)の鼎談が紹介されています。これも,面白いです。今,なぜ,平和の俳句なのかが,とてもするどく語られています。もしかしたら,最短詩の俳句だからこそ,わりと簡単に世界に呼びかける力を持っているのではないかとも思えてきます。『平和の俳句』の単行本と合わせて読むと,より,鼎談の内容が理解できると思います。

私は平和な世の中ということは草の根を大事にすることだと考えています。上っ面の人だけの平和なんてのはだめだ。その草の根を大事にするということは俳句をやることと密接にかかわっているわけです。これは私が俳句専念を決めたときにも考えていたことでもあります。(126p)

一茶は芸術的におもしろいものを作ると同時に,おのずから一般的になっているでしょう。一般性と芸術性の兼ね合いを一茶がおのずからやっている,あの「おのずからやっている」という世界がオレの中に出来なきゃいかん。(128p)

 第4章と第5章は,それぞれの俳人たちがそれぞれの兜太を語ります。とくに第5章の坂本宮尾氏の「青春の兜太」は,兜太の俳句の歩みがじっくり取り上げられていて,なかなかおもしろかったです。

戦後の金子兜太の作品は,社会性俳句,前衛俳句と称され,自身は造型俳句を唱えた。人間と社会を力強く詠んだ彼の句は,キュビズム時代のピカソを思わせる。兜太は,見た目の自然さ,本物らしさを捨て,デフォルメによってものの本質に迫り,個性的な構図の作品に仕上げた。(250p)

 ここに来て,私が兜太の作品に引きつけられる理由が分かってきた。私は,二十歳の頃から,超現実主義(シュールレアリスム)の詩や絵画に興味を持ってきた。この兜太の俳句にはそのシュールレアリスムの世界に極めて近いもの持っているのだろう。

・梅咲いて庭中に青鮫が来ている
・主知的に透明に石鯛の肉め

 これが俳句なら,私も俳句に付き合ってみたくなる。

| | トラックバック (0)

聞き耳立て パソコン打ってる 内示の日

 ま,この仕事をしていると,数年に一度の職場の異動が気になります。若い頃は,進んで異動を願い出たものですが,最近は,現校希望で,あとは好きなようにしてね~という感じです。だから,一校に居る時間はけっこう長くなりました。
 ウチの職場には,毎年のように若者がやってきます。わたしが本校に来る前から,ずっと初任者がやってきているのです。来年度も来れば,おそらく7年連続で来ていることになります。

 今回の内示。私は本校のままでした。これで,おそらく退職までこの学校に留まることになるでしょう。今の4年生と一緒に卒業ですね。

| | トラックバック (0)

いさごむし発見!

Isagomusi_640x479 家のまわりの雪も解けて,いよいよ春らしくなってきました。先日,家の小さな池の覆いを獲ったところ,金魚もメダカも元気に出てきました。そして,少し,池の底のごもくさをはき出そうとタモで掬ってみたところ,いつか,前勤務校の学校池で見たことのある生きものを見つけました。水中にいるミノムシ=イサゴムシです。水に沈んだ落ち葉や小石を体に巻き付けて,上半身だけ出して水底を移動しています。漢字で書くと「石蚕」。
 イサゴムシは,昆虫の幼虫です。さて,その昆虫とは…完全変態するそうですよ。

大辞林では…
とびけら【飛螻蛄】
 トビケラ目に属する昆虫の総称。幼虫はきれいな水を好むので水質調査の指標となる。幼虫・成虫とも釣りの餌。長野県では幼虫を「ざざむし」と呼び、佃煮にする。シマトビケラ・ニンギョウトビケラ・アミメトビケラなど。

 佃煮にされているようだ。今度長野に行ったら食べてみるかな。

 以前のイサゴムシの記事につていは,こちら。
http://suzutano.tea-nifty.com/blog/2013/04/post-64d3.html(初めて見つけた時のこと)
http://suzutano.tea-nifty.com/blog/2013/04/post-2979.html(絵本について)

| | トラックバック (0)

サークルとすずちゃん

Img_5224_473x640 今年度最後のサークルでした。いつものメンバーが参加。
 正負の数とトランプ,日本の都道府県,たのしい書写,優生保護法,特別支援等々についての話題がでました。いつものように,即授業に直結する内容もあれば,教育とはなんぞやという話題もあります。
 年々点数のみで人を判断する教師が増えてきていて,そのあたり職員室での圧迫感の話もでました。若い子が,ゆったりと子どもたちとふれあえる環境は,もう,遠くに行ってしまったんですね。少なくともわたしの学校の若い子たちにはのびのびとやってもらいたい。そう思っています。だから,そういう行動もとっているつもりです。

 要は, 自分の学校の子どもたちに,少しでも学ぶ楽しさを知ってもらうこと。結果として点数が上がれば良いけど,そうじゃないからと子どもを責めたり,単なる反復練習をするのは学習の動機づけとしてもマイナスでしかありません。授業を通して子どもとの関係がしっかりできあがれば,まわりから何を言われようが,自分の立ち位置がしっかりしてくると思います。今の世の中,あっちに気をつかい,こっちにも気をつかい…とやっていると,精神がまいってしまうのではないか…と思うのです。

 さて,いつもの公民館からの帰り際,写真ようなキャラクターの置物に気づきました。可愛いので紹介しておきます。珠洲の鳥・ウグイスの頭には市の花ツバキ。そして,ツバキの雌しべには本物の鈴がついています。これ,かわいいんじゃね。
 珠洲市社会福祉協議会のマスコットキャラクターらしいですが,なかなかやりますね。

| | トラックバック (0)

珪藻土の置物+ビャン

Img_5206_480x640 卒業生が,珪藻土を使って作った置物を学校のあちこちに置いて行ってくれました。トイレや特別教室にも置いてありました。珪藻土地層の見学に行った時に,会社の方から頂いたブロックを使って作りました。珪藻土は,においや湿気を吸収してくれるということで,家庭の壁にも使われたり,最近はバスマットにも利用されたりしています。
 そのブロック,理科室にもちゃんと置かれていました。上には今年の6年生の徴である「スター☆」がえがかれています。まわりには理科にちなんで,ビーカーや電池やフラスコなどが描かれていました。

Img_5207_638x640_2 で,ひっくり返してみると,底には「ビャン」という漢字が…。この漢字は,中国で一番画数の多い漢字として,習字の時間に,私がたまたま紹介した漢字(ネットで紹介されていたのである)で,担任によると,それから数日間は,6年教室の後ろの黒板にも書かれていたり,子どもたちの自由勉強帳にも書かれていたそうです。

| | トラックバック (0)

ありがとうの気持ちを文字に込めて

Img_5216_480x640 卒業生へのメッセージを綴る掲示版。卒業生の写真と全校児童からのメッセージ以外に,何かちょっとしたタイトル文字がほしいなと思っていました。
 「祝卒業」というのも,ありきたりだし,「6年生ありがとう」にしようかなと,毛筆文字をググっていたところ,おもしろいものを見つけました。それが右の文字です。「ありがとう」と「夢」という漢字を合体させたもの,「ありがとうございました」と「感謝」という漢字を合体させたもの。
 夢の方は,私が書いて見ました。感謝の方は,5年生の女の子にお願いして書いてもらいました。
 面白いことを考える人もいるものですね。

Img_5217_518x640

| | トラックバック (0)

大鹿卓著『渡良瀬川―足尾鉱毒事件の記録・田中正造伝』

 よくもまあ、こんなに臨場感あふれる物語が書けたものだ。作者が、まるでその場に居合わせたのではないかと思えてくる。
 勿論田中正造の残した書簡はそのまま使えるし、国会での議事録もあるだろうが、住民との話し合いのことや講演会などの言葉がそのまま残っているとは思えない。正造などの日記で判断したのであろう。
 作者の大鹿卓氏が、それらの資料を丹念に読むとともに、時代背景となる日本政府のゴタゴタなどもしっかり取り入れることで、時代を経て深まっていく正造の怒りと落胆などが、しっかり読者に伝わってくるのだろう。
 1941年発行の本書は、この新版で、手に取りやすくなった。
 巻末には、宇井純氏の解題「時間の深淵を越えて」が掲載されている。1972年の文章である。

「足尾鉱毒事件の我々に与える教訓はそれに止まらない。鉱毒事件は圧殺されたが、鉱毒はなくならなかった。今日では鉱毒は渡良瀬川下流の農民にとって自然の一部となってしまう、それを堪え忍ぶほかには道はなくなった。いかに技術的な対策を積み重ねても、もはや鉱毒の根本的解決は不可能なのである。今日の公害を我々が放任するならば、百年の未来にわたってもなおその影響は子孫に及び、我々は無数の谷中村と足尾にはさまれて、その生きる場所を失うだろう。」本書p339

 フクシマのことを思うと、この宇井氏の予言がそのまま現代に再現してしまったことに対して、忸怩たる思いになる。エントロピーの法則は、常に存在することを思い知るのだ。ばらまくのは簡単だが、集めることは莫大なエネルギーが必要…こんな当たり前の事は、幼児の積み木遊びからも気づくことなのに…。

 この足尾鉱毒事件に対する運動が結果的に敗北したことに対して、後年の左翼の正造に対する歴史的評価がよくないらしい(正造の天皇中心主義の限界、農民と労働者との連帯のなさ)が、それについて、宇井氏は、次のような効果もあったと述べている。

「一方では足尾鉱毒事件は近代の社会運動の源流として、河上肇や石川啄木をはじめとする多くの個性を社会運動に目ざめさせるきっかけとなり、他方では勝海舟、谷干城、榎本武揚、頭山満から幸徳秋水、片山潜、荒畑寒村にいたる幅広い立場の人々を巻きこんでゆく巨大な潮流となったのである。」p338

 足尾鉱毒事件に関しては、農商務大臣になった榎本武揚が、自分の職を賭して対応にあたってくれていた。一方、陸奥宗光や原敬は、ま、とんでもない悪として浮かびあがってきてしまう。

 最後に、本書は、田中正造の自伝ではない。彼が足尾鉱毒事件を議会で取り上げるようになってから、天皇への直訴までの出来事に絞って書かれている。
 この後の話(谷中村事件)については、同著者による『谷中村事件』という本がある。

 

| | トラックバック (0)

子どもにうけた宿題

Img_5180_640x373 3学期,小学校の算数では立体を扱います。
 子どもたちにとっては,展開図を書いて立体を組み立てるのは,難しいです。展開図から,立体にした時にどの辺とどの辺が重なるのか…というようなことも,分かる子には分かるのですが,分からない子には分からない。

 昔は,子ども向け月刊誌の付録に,紙工作があって,切り取ってはめていくと家になったり滑り台になったり車になったり…。幼い頃からのこういう経験って,立体感覚を養うためには,けっこう大切なのではないか…それなのに今の子どもはゲームばかりで…

 と嘆いているくらいなら,そういうペーパークラフトを渡そうじゃないかとググってみると,ちゃんとありました。
 そこで,それを宿題にして渡してみると,ごらんの通り。みなさん,よろこんで作ってきてくれました。「2種類のうち1つは作ってね」とお願いしたのですが,2つとも作った子がほとんどでした。
 来年度は,立体の学習の前から,これに近いものを体験させておけば,直方体づくりも怖くないかも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金子兜太他選『金子兜太いとうせいこうが選んだ「平和の俳句」』

 いとうせいこうと金子兜太さんが選者を務めていた「平和の俳句」が1冊の本になりました。

○十八才 戦争しないと 決めた年

 十八才から選挙権が。この作者は,戦争をしないと決めてくれました。自分のために,これから生まれる子どもたちのために。

 地元紙『北陸中日新聞』の第1面に紹介されていた「平和の俳句」の1年間分の作品をまとめた単行本です。このコーナーは,2017年いっぱいまで続きました。本書は,その中の2015年の1年間に紙上で紹介された俳句が集められています。
 川柳や狂句など風刺の効いたものが好きな私ですから,もともと俳句にはあまり興味がありませんでした。というのも,俳句というのは日本の四季を詠んでいるだけのものであって,自然とじっくりと向き合う時間のある人の高尚な趣味だと思っていたからです。俳句なんて,社会に対しても,あんまり力を表さないし…みたいに思っていました。
 しかし,「平和の俳句」は違っていました。限りなく川柳に近いような作品もありました。「平和の俳句」は,時代を捉え,しかも,社会に働きかける力まで感じるものでした。「俳句もなかなかやるな」と思った次第です。
 選者のいとうせいこう氏と金子兜太氏については,対談集も出ています。その本も,ユニークな二人の刺激的な本でした。
 本書でも,選んだ俳句についての両者の選評がちっちゃな字ですが載っていて,これを読むのもまたたのしいです。
 私のお気に入りを5つくらい紹介します(たくさんありましたが)。

○平和には主義などないと大根干す
 右派だとか左派だとか,すぐにレッテルを貼って差別をしようとするネットの人たち。これは日本だけではないのかな。でも,平和を求める気持ちは,みんな同じはず。

○戦争はすべての季語を破壊する
 これは,俳人しか読めない句でしょうね。そうか,季語ってやっぱり大切なんだな。日本の四季を楽しめるのは平和だからだなと思いました。かっこいい。俳句っていいな。でもこれって川柳っぽい。

○うたってよピースソングを忌野忌
 忌野清志郎,大ファンです。数年前の5月2日,ラジオから彼の死去を知ったのでした。「愛し合ってるかい~」という声が聞こえてきそう。個人的に趣味が同じなので記憶に残りました。

○若者よ銃など抱くな人を抱け
 自然な姿が一番。銃など抱かないで下さい。昔,銃を抱きながら「人」を抱いたこともあったようです。それがいまだに尾を引いている―慰安婦―のです。ここでいう〈人〉は〈愛しい人〉。人を抱けば新しい生命が生まれる。銃を抱けば,命を奪い奪われる。これも川柳に近い。

○戦争はしないと言ったではないか
 これほど直接的な言葉はない。
「あんた,あのとき,軍隊は持たない,我々は戦わないと言ったでしょ。なんで気が変わったの。」
「またバカなことをするの? 時代が変わったなんてこじつけでしょう。この嘘つき!」
「私は,あなたの言葉を覚えていますよ。」
「戦争をしないといったから,この国をもう一度好きになろうとしたのに…。なによ今さら」
「〈本当は70年前から,また戦争したかったんだ〉〈戦争のできる国でいたかったんだ〉〈あのときはあいつが怖かったので,そう言っただけだ〉なんて,言い訳しないでね!!」

| | トラックバック (0)

ETV「94歳の荒凡夫~俳人・金子兜太の気骨」(後編)

 昨日に引き続き…

 兜太は、長く「朝日俳壇」の選者も務めてきた。あの3・11以来、命を扱った作品が多く投句されるようになったという。次の俳句は、その中の二句。

○生きていて生きてるだけで燕来る(飯田操)
○春も人も神をも連れて去る津波(水野信一)

 福島県立福島西高等学校の国語教師・中村晋氏(と、その教え子たち)と兜太との交流の姿も紹介された。

○空っぽのプールに雑草フクシマは(女子高生)

 作者の女子高生は、「友だちと話してして事ある毎に〈放射能あるんじゃないの?〉という会話が出てきます」とも。

○春の牛空気を食べて被曝した(中村晋)

 震災に遭ってからしばらく俳句が出て来なかった中村先生の中にいきなり浮かんできた句。句を聞いた生徒は最初は笑うが間もなくシ~ンとなる。笑いの後にある悲しみ…なんとも悲しいことではないか。

○ひとりひとりフクシマを負い卒業す(中村晋)

 漢字で表される「福島」とカタカナで書く「フクシマ」の違いが分かるようになるのは、生徒達が社会に出てからだろう。

○津波のあと老女生きてあり死なぬ(兜太)

 兜太は、俳句に勇気づけられ、俳句で生きてきたと言い切る。俳界の革新派であり、自由律にも季語の扱いにも柔軟な考えをもっていた。
 日本の四季を詠むにしろ社会を詠むにしろ、俳句には作者と読み手の感情を強く同化させる作用があると感じる番組だった。合掌。

 ところで,荒凡夫とは,晩年の小林一茶が自分のことをそう読んでいたという言葉だそうである。

| | トラックバック (0)

ETV「94歳の荒凡夫~俳人・金子兜太の気骨」(前編)

 本年2月、俳人の金子兜太(とうた)氏が逝去した。享年98。
 私が彼のことを知ったのは、昨年4月のこと。「今年は俳句の先生になるよ」と子どもたちに宣言し、「子どもの俳句づくり」について調べていたとき、〈子どもの俳句づくりを積極的に進めている俳人〉として出会った。それ以来、著作を読んだり、『北陸中日新聞』の「平和の俳句」の選者であることに気づいたりして、なんとなく気になる人となった。
 逝去に際し、NHKは2014年放映の番組を再放送した。今回は、その番組で紹介されていた「俳句」を紹介しながら、俳句の持つ力について考えてみたい。

○曼珠沙華どれも腹出し秩父の子

 東京に住んでいた兜太が故郷の秩父に帰省した際、少年時代を思い出してため息のように詠んだ句。地元の秩父音頭は七・七・五のリズムであり、兜太は小さい頃から七・五のリズムに慣れてきたと自認していた。

○長寿の母うんこのようにわれを生みぬ

 長男兜太を生んだとき、母はまだ17歳だったらしい。それにしても、生まれてきた我をうんこに喩えるとは…。身体からうんこが出るのは必然。生まれるべきして生まれてきた命を読んだ句と言えるかも。

○魚雷の丸胴蜥蜴這い廻りて去りぬ
○水脈(みお)の果て炎天の墓碑を置きて去る

 戦争に召集された兜太はトラック島へ。が、島に着いたとき日本軍は既に壊滅状態だった。餓死者が続く中、奇跡的に生き抜いた。「水脈の…」は、終戦後、島を離れるときの作品。帰国後、兜太は銀行員として勤務をする。

○一機関車吐き噴く白煙にくるまる冬
○おおかみに蛍が一つ付いていた
○暗闇の下山くちびるをぶ厚くし
○銀行員ら朝より蛍光す烏賊のごとく
○湾曲し火傷し爆心地のマラソン
○梅咲いて庭中に青鮫が来ている(以上、すべて兜太作)

つづく…。

| | トラックバック (0)

NHKオンデマンド『足尾から来た女』

Cast01…NHK番組の紹介文より(右の写真も同サイト)…
 明治末。足尾銅山の鉱毒に苦しむ谷中村の娘・新田サチ(尾野真千子)は、田中正造(柄本明)から東京の社会運動家・福田英子(鈴木保奈美)の下で家政婦として働いてほしい、と頼まれる。

 主人公のサチは、小学校も出ていないので字が読めない。一方、福田英子の家には、社会運動家達が集まっていて、新しく出す新聞の話などをしている。このギャップ。
 番組に出てくる福田英子は「東洋のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた実在の人物だ。英子と同棲している恋人石川三四郎も実在の人物。他にも、堺利彦、幸徳秋水らの社会主義者や、与謝野晶子・石川啄木なども出てくる。そうそう、谷中村立ち退きの号令を出した原敬も出てくる。なんとも贅沢な人物構成だ。
 滅び行く谷中村に帰ってきたサチは、田中正造から叱咤激励され、また東京へと戻る。
 文字も読めなかった女性が自立して生きていこうと決意するまでのドラマ。
 強制撤去される家を見て「家も村も人間が築いてきた文明だ。それを壊すということは、日本の文明も壊れていくということだ」と田中正造は語る。彼の言ったとおりのことが、その後の日本に起きたのは周知の通り。個人を大切にしない国家は、国家そのものもいつかは滅びていくのだろう。ナチスしかり、神国日本しかり…。大きな代償を払って今があるのだと思う。

 女性の自立を扱いながら、個人の生活よりも国家が優先する時代を描いた作品で、なかなかよかった。

番組サイト→http://www.nhk.or.jp/dodra/ashio/

| | トラックバック (0)

キレイなお月さんでした

Img_5169_480x640 お月さんがキレイですよ…と同僚からLINE。
 今,散歩に出かけるので,海岸へ行ってみてみますと答えて,海へ。
 もう7時を過ぎていたので,ずいぶんと高く昇っていましたが,確かに,キレイなお月さんでした。空気中の汚いものが,爆弾低気圧と降雪でなくなった後だからかな。スマホに撮るとこの程度。もっといい撮り方ってあるのかな。

| | トラックバック (0)

雪の結晶?

Img_5160_640x480 先日の日曜日。早朝は,気温がマイナスになっていた日。
 あまり風も強くなかったので,チョコとの散歩は海の方へ行くことにした。もしかしたら,前のブンブクのように,いろんなものが打ち上がっているかも知れないから…というのも,ある。
 すると,解けていない雪と波打ち際との間に,白いものが点々とふりかけのように散らばっているのが見えた。なんだろうな。こんな点々と…と思って近付いてみると,なんと,雪である。Img_5156_640x472もしやと思って,腰を落としてさらに近付くと,キレイな六角形の形の結晶が見えるではないか。こりゃ,すごい。昨晩からの寒さで,十分に冷えた砂浜に落ちた雪が,解けずに残っていたということか。普段なら,す~っと消えてしまうのだが,この日は,風もなく,波も静かで,しかも,朝日が上がってわずかの時間しか経っていない…そういう好条件が重なったんだろう。
 スマホで接写したのだが,やはりボケてしまっているのが殘念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »