« 鎌田慧著『反骨-鈴木東民の生涯』 | トップページ | 2月のサークルでした »

理科研究会の会食

 終末の金曜日,市内理科研究会の送別会があった。退職される先生がいらっしゃる年には,いつもやっているのだが…ま,毎年,大抵退職者はいるので,結局,毎年やっている(^^;;
 宴会では,理科教員の集まりらしい話が。
 お膳にならんだ料理を見て,「これは菌類だ」「軟体動物を食べよう」「ところで,なまこは何動物だ?」ってな話になって,私の予想じゃ「棘皮動物」。スマホですぐに調べる人がいて,棘皮動物で正解!
 こういう話題は,誰が始めるともなく,わいわいやっているうちに出てくるのだが,ま,普通の教員の世界とはやはりちょっと違うなあ。
 飲んでしまった後は,いつもと同じでしたがね。

wikiでは「ヒトデ違ってわかりづらいが、ナマコの体も棘皮動物に共通する五放射相称の構造となっている。」と書かれていました。へ~,どこが「5」なのか,ぱっと見には分かんないですね。
 これ,解剖してみると,筋肉が5放射しているのが分かります。そういえば,ウニだって,からを取ると,5つに分かれていたような…
 興味のある方は,下のリンクのページで学習していくダサイ。注:生々しい画像です。
https://ameblo.jp/hanyu-shima/entry-11578096325.html

|

« 鎌田慧著『反骨-鈴木東民の生涯』 | トップページ | 2月のサークルでした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/66407752

この記事へのトラックバック一覧です: 理科研究会の会食:

« 鎌田慧著『反骨-鈴木東民の生涯』 | トップページ | 2月のサークルでした »