« 食べてみようか ひくまん穀 | トップページ | 倉本大資著『小学生からはじめるわくわくプログラミング2』 »

三浦綾子著『石ころのうた』

著者 : 三浦綾子
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日 : 2012-04-25
 作家三浦綾子さんが,まだ,堀田綾子だった頃のことを綴った自伝です。
 描かれている時代は,幼少から,年若くして教員となり戦前・戦中を皇国史観の中で教育し,敗戦を迎えた頃までです。
 綾子は,全身全霊をかたむけて教育にあたり,子どもとともに成長していたからこそ,敗戦で受けた衝撃は大きなものでした。この生き方で間違いないと思っていたことが,脆くも崩れ去るとき,彼女は,教壇から去って行きます。たった7年の教師生活でした。

 昨日まで教えていた教科書に墨をぬらせたということは,わたしをして,単に国家や政治への不信ばかりではなく,すべての人間への不信に追いやっていたのである。p.339

 人間としても,どう生きていけば良いのか分からない状態になった綾子は,重い病気まで引き起こしてしまいます。

 自分の過去を客観的にふり返る姿は,時に大変赤裸々です。さすが作家さんだと感心します。
 遊女の意味も分からず,男女の関係も分からず,ただ純粋培養された娘が,どのように社会と交わって成長していくのか。現代では考えられない,10代前半から20代前半の少女の考え方が見えて,興味深いです。

 なお,三浦さんには,この続編となる自伝『道ありき』『この土の器をも』というのもあるそうです。

|

« 食べてみようか ひくまん穀 | トップページ | 倉本大資著『小学生からはじめるわくわくプログラミング2』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/66156474

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦綾子著『石ころのうた』:

« 食べてみようか ひくまん穀 | トップページ | 倉本大資著『小学生からはじめるわくわくプログラミング2』 »