« パイナップルのタネ | トップページ | 二人の『宇宙をつくるものアトム』 »

臨済宗大本山円覚寺

171101_02 お友だちが「円覚寺に行って来た」って,FBに書いていたので,私も自分が行ったときのことを思い出そうと思って自分のブログをググってみても,それらしき記事はなし。そうか,あのときは,円覚寺について書かなかったんだ…。
 そこで,2年前のことを思い出して,書いておきます。

 鎌倉にある円覚寺は,その山門が夏目漱石の『門』の題材になったことでも有名です。
 その門の風格は,さすがです。山門といいますが,正式には三門(三解脱門)。禅宗では,山門と言うより三門ですね。

山門を入ると、左右には大きな杉があって、高く空を遮っているために、路が急に暗くなった。その陰気な空気に触れた時、宗助は世の中と寺の中との区別を急に覚った。

171101_03 漱石は,このお寺さんで座禅をしたりもしていたようです。

171101_01 北鎌倉駅で降りて,線路を渡ると参道です…というか,参道を線路が横切っている感じです。
 そうそう,駅前には,その名も「門」という名前の喫茶店がありました。

|

« パイナップルのタネ | トップページ | 二人の『宇宙をつくるものアトム』 »

百寺巡礼」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/66005527

この記事へのトラックバック一覧です: 臨済宗大本山円覚寺:

« パイナップルのタネ | トップページ | 二人の『宇宙をつくるものアトム』 »