« 竜門冬二著『小説 前島密』 | トップページ | 「すずなり」にかかる虹 »

珠洲市の郵便局の開設

 珠洲市の郵便局の歴史について,『珠洲市史・第6巻』を紐解いてみました。

 明治4年に郵便制度が布告され,全国的に郵便網が組織された。大谷郵便取扱所が明治4年3月郵便制度と同時に,飯田郵便取扱所は同5年7月に開設された。尓後,制度は普及し,明治37年には珠洲郡下に7局が置かれた。大正8年には10局となったが,集配局は飯田・大谷・三崎(明治13年開局)・宝立(同35年開局)と小木・松波の6局,無集配局は蛸島(明治35年開局)・鵜島(大正3年開局)・正院(同5年開局)と真脇の4局で,珠洲市域には7局があった。このあと若山(昭和3年開局)・狼煙(同4年開局)・折戸(同22年開局)の3局が設立された。(509p)

とあります。郵便制度と同時にできたのは大谷だったんですね。へ~。 

|

« 竜門冬二著『小説 前島密』 | トップページ | 「すずなり」にかかる虹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/66077645

この記事へのトラックバック一覧です: 珠洲市の郵便局の開設:

« 竜門冬二著『小説 前島密』 | トップページ | 「すずなり」にかかる虹 »