« 最後の能登ピースサイクル | トップページ | スティーヴン・グリーンブラット著『1417年,その一冊がすべてを変えた』 »

ウスバカゲロウの成虫かな

170903 神さんが,学校園で捕まえたという昆虫を持ってきた。
 神さん曰く。「カマキリのような顔をしたトンボ」
 トンボと言うには,体のつくりが違う。飛び方はふわふわしていたというし,素手で捕まえられたというのだから,カゲロウに違いない。
 そこで,調べてみると,ウスバカゲロウらしいことが判明。ウスバカゲロウと言えば,幼虫は,あの有名なアリジゴクである。
 これまでも,何度も見たことがありそうだが,ケースに入った親をじっくり見るのははじめてかも。

|

« 最後の能登ピースサイクル | トップページ | スティーヴン・グリーンブラット著『1417年,その一冊がすべてを変えた』 »

能登の動物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/65752541

この記事へのトラックバック一覧です: ウスバカゲロウの成虫かな:

« 最後の能登ピースサイクル | トップページ | スティーヴン・グリーンブラット著『1417年,その一冊がすべてを変えた』 »