« 夕食と山車と花火 | トップページ | そうだったのか~「長崎とキリスト教」 »

大浦天主堂とグラバー・ガーデン

170804_01 長崎めぐりの最後は,グラバー邸方面に行くことにしました。
 ホテルをチェックアウトし,荷物はホテルに預けたまま,身軽な姿勢で路面電車に乗って出かけました。私の泊まったワシントンホテルは,長崎駅とグラバー住宅の間にあるので,帰りに寄って荷物を貰うのに便利なのです。
 まずは,大浦天主堂へ。創建150年以上だそうです。
170804_02 なかに入ると,鮮やかなステンドグラスが眼に入りました。まだ,太陽の高度が低いので,ステンドグラスの窓から差し込んだ太陽光がキレイに色づいて,天主堂内部の床や机に映っています。いやー,厳粛な雰囲気になります。堂内では,解説が流れていて,一通り聞きながら,見学をしました。ここでは,「日本二十六聖人」や「信徒発見」の話など,昼からの全国大会の二階堂さんの講演につながることを勉強していたのですが,まだ,私は,知るよしもないのでした。
170804_03 そのままグラバー・ガーデンの入り口を通って,グラバー邸へ向かいました。動く歩道があって,さすが坂の町長崎の世界遺産だなあという感じです。ここでは,いくつかの住宅をまわりながら,懐かしいグラバー邸へ。ここへ来るたびに,キレイな建物とお庭だなあって思います。しかも見晴らしもいいし。
170804_04 グラバーさんは,日本人と結婚したのですが,その子どもの名前が「倉場富三郎」というそうです。高校生の時にもここに入ったはずですが,説明板なんて読むはずもなく騒いでいたんでしょうな。全く覚えていません。
 ALTが,学校の出勤簿にハンコを押していますが,そのハンコが,自分の名前をもじって漢字で書いたものが多いのを思い出しました。
 以上で,今回の長崎の旅の話題を終わります。
 午後からは,研究会の全国大会が始まります。
 

|

« 夕食と山車と花火 | トップページ | そうだったのか~「長崎とキリスト教」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/65657570

この記事へのトラックバック一覧です: 大浦天主堂とグラバー・ガーデン:

« 夕食と山車と花火 | トップページ | そうだったのか~「長崎とキリスト教」 »