« 坂井豊貴著『多数決を疑う-社会的選択理論とは何か』 | トップページ | 学生以来の「大谷本廟」へ »

KITサマー・サイエンス・スクール

170817_01 お盆明け,毎年恒例(それにしても恒例が多いなあ)のKITサマーサイエンススクールに出かけました。今年,私が担当したのは〈光と虫めがね〉。タイトルからは,太陽光で紙を燃やすことくらいしか連想しないかも知れないけれども,内容は,結構深いのです(右下の感想を読んでみてください)。
 講座を担当するたびに,前回とは違う「何か」を工夫しようと考えています。今回は,これまでの幻灯機の模型をやめて「スマホプロジェクター」にしたのですが…結果は,もっとしっかり作らないと,幻灯機の模型よりも迫力の映像は出てこないことが分かりました。
170817 また,牛乳パックカメラで撮った写真を貼りつける「認定証」も作りました。これは,この講座を受けた記念になるので,とてもいい考えだと思っています。
 〈光と虫めがね〉の授業は,何といってもいい天気(太陽光)が必要です。一週間前の天気予報では,17日,18日の二日間とも,金沢は雨かくもりの予報でした。それで,どう170817_02するか…と,心配していたんですが,なんと,二日間とも,実験するときには晴れていてくれました。
 29名の3,4年生と,楽しい二日間を過ごすことが出来ました。

|

« 坂井豊貴著『多数決を疑う-社会的選択理論とは何か』 | トップページ | 学生以来の「大谷本廟」へ »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

イワナ釣り師さま
コメントありがとうございます。
我ながら,いいアイディアだと思っています。

元々は,撮った写真を貼っておくだけの賞状のようなものを考えていたのですが,写真家認定というのが,面白いなあと…。

楽しい授業書です。是非,やってみてください。

投稿: 管理人 | 2017年8月29日 (火) 18:48

認定証のアイデアはすばらしい。
今後この授業書をやる機会があれば,ぜひまねさせてもらいたいと思いました。
やるチャンスが少なくなったのですが,《光と虫めがね》何度もやりたい授業書です。

投稿: イワナ釣り師 | 2017年8月28日 (月) 06:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/65718838

この記事へのトラックバック一覧です: KITサマー・サイエンス・スクール:

« 坂井豊貴著『多数決を疑う-社会的選択理論とは何か』 | トップページ | 学生以来の「大谷本廟」へ »