« 龍馬めぐり | トップページ | 眼鏡橋 »

東明山興福寺

170801_01 久しぶりのお寺さん訪問です。
 風頭公園から,龍馬関連施設を見ながら坂を下りて,しばらく道路を進むと,やや中国風の構えをしたお寺さんが見えてきます。東明山興福寺といい,このお寺は,国内最初の黄檗禅宗(おうばくぜんしゅう)の唐寺だそうです。
170801_02 興福寺は,明の商人が長崎と行き来を始めた頃に渡来した中国人が,航海の安全を祈願して小庵を建てたのがはじまりだそうです。1620年頃です。
 そのあと,あの,隠元が住職ともなったそうです(山門には,その隠元和尚の肖像画が飾られています)。170801_03京都にある萬福寺も黄檗宗でしたが,萬福寺よりも興福寺の方が古いようです。知らなかったなあ。
 一応,御朱印帳も持っていったのですが,どこにも,それらしき場所はない…で,庫裡の方のインターホンを押してみると,ちゃんと出てきてくださり,書いてもらいました。
 仏像は,なんか,蓮の葉などがピンク色にきらきらしていて,独特の雰囲気を醸し出していました。

|

« 龍馬めぐり | トップページ | 眼鏡橋 »

百寺巡礼」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/65626968

この記事へのトラックバック一覧です: 東明山興福寺:

« 龍馬めぐり | トップページ | 眼鏡橋 »