« 西村寿雄著『ウェゲナーの大陸移動説は仮説実験の勝利』 | トップページ | 「日」を書く »

「実」さがし

 最後の最後まで,理科の授業。今日は,1学期最後の授業でした。
 仮説実験授業《花と実》の授業の一コマ。
 前時に,きれいな花の咲く植物について,花の咲いた後に実(たね)ができるのかを予想してもらいました。子どもたちが出した植物は,バラ,ツバキ,スズラン,紫陽花…などです。
170719_01 そして,今日は,校庭に出て(一部,近所のお庭を回って),実さがしです。
 玄関にあるツツジには,緑色の実がいっぱいあって,すぐに見つけていました(写真・上)。学校の池のそばにあるツバキには,少しだけ緑色の実を見つけることが出来ました(写真・下)。ソメイヨシノには,サクランボはついていませんでした。梅の木にも,なぜか,実は一つもありませんでした。ザクロの木には,花と,小さな実がつき始めていました。
170719_02 ちょっと道路に出て,お向かいのバラ。見事な実もつき始めていました。子どもたちは,スズランの群生も見つけて,そこにあった緑色の実も見つけました。わかりにくかったのが,紫陽花です。ガクアジサイの真ん中に集まっている花の部分を見ると,小さな実がたくさんあるのがわかりました。
 普段なにげなく見ている植物。たぶん,花が咲いているかどうかしか注目していなかったと思いますが,今日の授業を通して,実の姿にも注意をするようになるでしょう。
 ある女の子が,
「先生,あっちの方に,コスモスも咲いていたよ~」
と登校の際に花を見たことを教えてくれました。
「じゃあ,実があるかなあ。」
とみんなで行ってみましたが,残念ながら,そこには花が2輪咲いているだけでした。
「コスモスは,これからだからね。まだ,実はなさそうだね。コスモスって漢字で秋の桜って書くからね。」
 実を見るために植物を見る。こういう経験も,子どもたちの世界を広げていくんでしょう。
 

|

« 西村寿雄著『ウェゲナーの大陸移動説は仮説実験の勝利』 | トップページ | 「日」を書く »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/65556758

この記事へのトラックバック一覧です: 「実」さがし:

« 西村寿雄著『ウェゲナーの大陸移動説は仮説実験の勝利』 | トップページ | 「日」を書く »