« 出口陽正著『数学教育近代化運動と仮説実験授業』 | トップページ | 結愛(ゆあ)という品種 »

柳田植物公園にあるバラ園

170611_03 日曜日,天気も良かったので,車で20分ほどの所にある植物公園の中の食堂へ行って来ました。風の便りに,バラ園のバラも満開だと聞いていたので,それもついでに見てきました。バラ園はどこにあるのか知りませんでしたが(これまでは,それほど関心がなかった),なんと,食堂の眼の前にありました。
170611_02 狭いながらも,いろんなバラが立派に咲いていてとても華やかでキレイでした。どうすれば,こんなにたくさんの花が一度に咲くんだろう…ますます,バラについて知りたくなりました。

170611_01 看板を見ると,このバラ園には,大きく分けて3種類のバラがあるようです。これらのバラが,どのような規準で分けられているのかも気になります。
 犬の場合,日本犬,柴犬,黒柴,豆柴…どのあたりの品種のことなのかなあ。
 家にあるピースからもたくさんの品種が作られたそうだしね。ピースは確か,HTと書いてあったような。これって,ハイブリット・ティーの仲間ってことだよなあ。奥が深い。

170611_04

|

« 出口陽正著『数学教育近代化運動と仮説実験授業』 | トップページ | 結愛(ゆあ)という品種 »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/65409010

この記事へのトラックバック一覧です: 柳田植物公園にあるバラ園:

« 出口陽正著『数学教育近代化運動と仮説実験授業』 | トップページ | 結愛(ゆあ)という品種 »