« 嵐電の電車とホーム | トップページ | 1缶50円の販売機が »

和宗総本山四天王寺

170430_01 今年の連休に,一度見てみたいと思っていた大阪にある「四天王寺」へ,やっと行ってみることができました。これまで,大阪にはなかなか行けなかったんです。
 その伽藍配置は「四天王寺式伽藍配置」といわれていて、南から北へ向かって「中門」「五重塔」「金堂」「講堂」が一直線に並んでいて、回廊がその伽藍を囲んでいます。日本では最も古い建築様式の一つです。
 ちょうど金堂が耐震工事中ということで,中を見ることはできませんでした。五重塔は鉄筋が入っていて,中には心柱の代わりにらせん階段がついていて,上まで登ることができます。塔内の壁には位牌のようなものがたくさん並べられていました。
170430_02 何よりも驚いたのは,池に居たたくさんのミシシッピアカミミガメです。天気が良かったので,陸に上がって甲羅干しをしていましたが,その数が尋常ではないんです(写真の5倍はいました)。これだけ多くのアカミミガメを見るのは,太宰府天満宮の池以来です。小さいのもいたので,この池で繁殖しているのでしょう。昔,縁日などがあると,お店にミドリガメがよく売られていました。それを放したんだと思います。四天王寺も,太宰府天満宮も,池の近くに入るのは無料なので,だれでも簡単に池に放すことができますから。
 日本風の仏教の代表である四天王寺や学問の神さまの天満宮に,アメリカ由来のカメがたくさん居る姿は,ちょっと違和感が…。

|

« 嵐電の電車とホーム | トップページ | 1缶50円の販売機が »

百寺巡礼」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/65260056

この記事へのトラックバック一覧です: 和宗総本山四天王寺:

« 嵐電の電車とホーム | トップページ | 1缶50円の販売機が »