« 伊知地英信著『うんちレストラン』 | トップページ | 『俳句の国の天使たち-こども地球歳時記』 »

裏のサクラが満開

170416 うちの墓の後ろのサクラが満開になった。このサクラは,オヤジが生前植えたものだ。当時は,このすぐ近くを「のと鉄道」が通っていたので,そのお客さんにも見てもらうのだといっていたのを思い出す。今じゃ,線路もめくってしまい,トンネルだけが当時の面影を残している。
 考えてみると,オヤジが生きている間は,このサクラが咲いても,見に行ったことはあまりなかった。居なくなっての…だなあ。
 お昼は,別のサクラの下で花見をした。祭の時,山車を作っている若くない若い衆が集まっての初めての花見。昨日がちょうど氏社の春祭りだったので,これからは,恒例にするか。

|

« 伊知地英信著『うんちレストラン』 | トップページ | 『俳句の国の天使たち-こども地球歳時記』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/65165150

この記事へのトラックバック一覧です: 裏のサクラが満開:

« 伊知地英信著『うんちレストラン』 | トップページ | 『俳句の国の天使たち-こども地球歳時記』 »