« こうの史代著『この世界の片隅に』 | トップページ | 今日のお客さん »

ジオラマとホンモノ

170325_01 京都鉄道博物館の紹介。
 やはり,子どもたちに人気なのは,大きな部屋に設置されている壮大なジオラマです。
 精巧に作られた大地の上を,お気に入りの列車が走ります。夜になったり昼になったり…。発車する列車は一つ一つ紹介されますが,私はよく分かりません。ただ,夜の列車はきれいでした。
170325_02 このジオラマは,開始時間が決まっているので,混んでいるときには早めに部屋に入った方がいいでしょう(普段は自由に入れます。2台の列車が,行ったり来たりしている様子は見ることができます)。私が行った日曜日には,15分前には,3段の座席と一番後ろの立ち見席がいっぱいになりました。私は3段目に座ってみたのですが,全てを見渡すためには,立ち見席が一番いいと思います。
170325_03 また,この博物館の3階にはスカイテラスがあり,弁当を食べたり,ホンモノの列車をみたりすることができます。特に,京都駅の近くにあるということもあり,いろんな列車が通ります。
 今回は,スマホしか持っていなかったので,いい写真が撮れませんでしたが,次回は是非,一眼を持っていきたいです。東寺の五重塔と列車とのコラボは,なかなかのビューでした。

|

« こうの史代著『この世界の片隅に』 | トップページ | 今日のお客さん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/65092690

この記事へのトラックバック一覧です: ジオラマとホンモノ:

« こうの史代著『この世界の片隅に』 | トップページ | 今日のお客さん »