« 1年生とおもちゃづくり | トップページ | うれしいメッセージ »

東光敬著『宮沢賢治の生涯と作品』

170311 十数年前に夢中になった,宮澤賢治についてまとめたものを読みなおしていたら,またまたふつふつと好奇心が沸いてきて,賢治に関する研究本を3冊手に入れました。そのうちの一冊を紹介します。

 わたしの手元にある本(右の写真)は,1991年の復刻版です。「もったいない本棚」で,575円(+送料)でした。元は2000円だから安いもんです。
 前半は,宮澤賢治の作品と家族や知人に宛てた手紙をもとにした賢治の伝記になっています。著者による,賢治の作品・手紙の引用の仕方がとてもうまい(適材適所)ので,その時々の賢治の気持ちが,作品から伝わってきます。友人や知人の聞き取りも入っているので,それも又貴重です。
 後半は,賢治の作品の紹介です。
 ここでは,賢治を「悲願の人」「行願の人」「ぜんたいの幸福」「善意の文學」「第四次元の藝術」「科學と宗教」「修羅の旅」…などという章に分け,それがあらわれている作品を並べて紹介しています。これまた,作品を横軸にみる気持ちよさがあります。
 難を言えば,本書がもともと1949年発行であることにより,旧字体が使われていること,それにもかかわらずルビが一切ないことです。
 ま,当時のままの雰囲気を感じることができるので,それはそれでいいんですがね。読めない漢字は適当に読んでいますし(^^;; 意味は分かりますから。
 なお,引用は,現代仮名遣いに戻してあります。

|

« 1年生とおもちゃづくり | トップページ | うれしいメッセージ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/65001719

この記事へのトラックバック一覧です: 東光敬著『宮沢賢治の生涯と作品』:

« 1年生とおもちゃづくり | トップページ | うれしいメッセージ »