« FAXで! | トップページ | 春が来た~春が来た~どこに来た~ »

板谷英紀監修『宮沢賢治』

 ちょっと,知人に刺激されて賢治関連の本を再読しています。まずは,マンガから…。

 宮澤賢治の資料館で手に入れた地元の新聞社が発行する「マンガ岩手人物シリーズ」の一冊です。
 マンガ自体はけっしてうまいとは言えませんし,話の展開も,淡々としています。
 所々に,賢治の作品の言葉がちりばめられていますので,「あー,この時代にこんなのが書かれたんだな」ということは伝わってきます。
 巻末にある年表はスッキリしていて、便利です。年齢も書かれているので,賢治がいくつの時に,どうしたのかがすんなりと分かります。
 板谷さんのあとがきは,すっきりしていて賢治をよく捉えていると思います。「心象スケッチ」についての部分を一部引用しておきましたので,お読み下さい。

|

« FAXで! | トップページ | 春が来た~春が来た~どこに来た~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64928536

この記事へのトラックバック一覧です: 板谷英紀監修『宮沢賢治』:

« FAXで! | トップページ | 春が来た~春が来た~どこに来た~ »