« AR元素周期律表 | トップページ | 「ゴッホとゴーギャン展」…名古屋の旅その2 »

天日塩の劈開

170118_01 今日は,市の理科教育研究会でした。
 今年も教材教具の紹介を任された私は,次の3つをしました。
 その1 立体周期表づくり
 その2 天日塩で劈開体験
 その3 CDホバークラフトづくり
 その1は,『たのしい授業・2017年1月号』(仮説社)の広告欄で,ニホニウムも入って新しくなった立体周期表の厚紙ができたことを知って準備したものです。「そういえば,うちの研究会には以前のものも紹介していなかったなあ」と思って,やってみました。切り取り線もついているので,簡単にできて,好評でした。この周期表の色分けの話などを少し説明しました。『原子とつきあう本』(仮説社)をもう一度読んでから…です。
170118_02 その2は,『理科教室・2017年1月号』で紹介されていたものです。大きさが1~2㎝くらいの塩の塊から,きれいな結晶をとることができます。15㎏もの天日塩を手に入れたので,1㎏ずつ小分けして,お土産にしました。それでも,送料込みで2700円ですから,安いものです。
その3は,CDとフィルムケースが大量にあったので,みなさんにお裾分けするつもりで持っていきました。うまく浮かなかった人もいたので,ちょっと残念。反っているCDが合ったようです。CDを重ねるなどすると,もっと安定すると思います。

|

« AR元素周期律表 | トップページ | 「ゴッホとゴーギャン展」…名古屋の旅その2 »

不思議発見」カテゴリの記事

コメント

イワナ釣り師様
コメントありがとうございます。
先生たちの反応もよかったので,子どもたちも喜ぶだろうなと思います。

投稿: 管理人 | 2017年1月18日 (水) 21:27

わたしも以前2袋買いました。何度も利用したので,いつの間にか1袋になっていました。いま思えばよい買い物をしたなあ。
今度の例会に劈開をやってもらうことにしようかとこの記事を読んで思いました。

投稿: イワナ釣り師 | 2017年1月18日 (水) 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64779418

この記事へのトラックバック一覧です: 天日塩の劈開:

« AR元素周期律表 | トップページ | 「ゴッホとゴーギャン展」…名古屋の旅その2 »