« 龍應山西明寺 | トップページ | 漢字ミュージアムへ行って来ました »

松峰山金剛輪寺

170108_01 西明寺の少し南に位置する同じく天台宗の寺院・金剛輪寺。
 道路に面した黒門には,「聖観音」と書かれた大きな赤い提灯がぶら下がっていました。提灯のあるお寺さんは,鎌倉で見た長谷寺以来です。この提灯の裏には,「金剛輪寺」と書かれています。
170108_02 本堂までは,長い長い参道を進みます。けっこうありました。この参道の両側には,真新しい前掛けをしたお地蔵さんが,ずっ~と並んでいます。すごい数です。命半ばでなくなった我が子を思う親族がお弔いのためにここに地蔵を建ててもらったのに違いありません。さらに,参道にはいろんなきれいな花の咲く植物が植えられており,この寺もまた,花の寺として有名なんだろうなあと思いました。
170108_03 西明寺同様,二天門(室町時代)があり,三重塔もあります。ただ,この寺の三重塔は,昭和53年に復元修理をしています。塔の戸びらは空いていて,外から金箔に包まれた大日如来を拝むこともできます。また,1288年建立の本堂(大悲閣)は,これまた国宝に指定されています(一番下の写真)。
 金剛輪寺は,西明寺とともに信長の火攻めにあったのですが,当時の僧侶の機知により,本堂・二天門などは,残ったそうです。西明寺もそんなこと言っていたなあ。
 西明寺も金剛輪寺も,お城のような石垣があちこちに見られました。これは,信長などからお寺を守るための城郭の役目もあったのかもしれません。

 今回は,時間がなくて,三山のうちのもう一つ百済寺を見ることはあきらめました(本堂までずいぶん歩くらしいと聞いたので)。次の機会にとっておきます。

|

« 龍應山西明寺 | トップページ | 漢字ミュージアムへ行って来ました »

百寺巡礼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64751755

この記事へのトラックバック一覧です: 松峰山金剛輪寺:

« 龍應山西明寺 | トップページ | 漢字ミュージアムへ行って来ました »