« 天日塩の劈開 | トップページ | 列車の旅といえばKIOSK »

「ゴッホとゴーギャン展」…名古屋の旅その2

170119_01 名古屋への研修旅行の話。翌日は,愛知県美術館で開催中の「ゴッホとゴーギャン展」に行ってきました。開館は,朝の10時からなので,ちゃんと並んで,きっかり10時に入りました。
 最初,「なんで,2人の展覧会なんだろう」と思っていたのですが,展覧会の解説を読んで納得。ゴッホとゴーギャンは同時代の人であるだけではなく,なんと同じ家に住んでいたこともあるのです。知らなかったなあ。
 今回の展覧会には,ゴッホやゴーギャンが影響を受けた画家たちの絵も飾られていて,「なるほど,だから,こういう絵を描くようになったのか…」と,納得しました。

170119_02 ゴッホとゴーギャン,中でも,ゴッホが描いた「ゴーギャンが座っていたという椅子の絵」。そして,ゴッホの死後しばらくしてゴーギャンが描いた,「椅子の上のヒマワリの絵」が,とても印象に残る作品でした。
 こんな2人が主役の展覧会も,なかなかおもしろいですね。
 それにしても,ちゃんと,研修している旅行です。エライエライ。

|

« 天日塩の劈開 | トップページ | 列車の旅といえばKIOSK »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64817302

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴッホとゴーギャン展」…名古屋の旅その2:

« 天日塩の劈開 | トップページ | 列車の旅といえばKIOSK »