« 栗原つとむ著『ぼくはタクシーの運転手』 | トップページ | 浜田寿美男著『子どもが巣立つということ-この時代の難しさのなかで』 »

初積雪で,家族の雪だるま

161216 昨日の朝起きると,家の屋根や庭木にうっすらと白いものが積もっています。本格的に積雪するのは,今冬になって,これが初めて。
 学校へ行くと,予想通り,学校の玄関の前に,小さな雪だるまが並んでいました。作ったのは,2年生らしい。何人かで作っていたものを,最後にKが並べていました。
 3人兄妹の末っ子の彼女は,「これはお父さん,これはお母さん,これがS(兄の名前),これがN(兄の名前),で,これが私…」と言いながら指さしていきます。
 「あれ,一つ残っているぞ~。これは,K(女の子の名前)の妹かな…」と私。
 お母さん,お父さん,Kさんは,妹を期待していますよ~。

|

« 栗原つとむ著『ぼくはタクシーの運転手』 | トップページ | 浜田寿美男著『子どもが巣立つということ-この時代の難しさのなかで』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64631432

この記事へのトラックバック一覧です: 初積雪で,家族の雪だるま:

« 栗原つとむ著『ぼくはタクシーの運転手』 | トップページ | 浜田寿美男著『子どもが巣立つということ-この時代の難しさのなかで』 »