« 民宿北前船 | トップページ | 北前船の里資料館 »

加佐の岬にある「松の傷」

161205 数年間,加賀市に住んだことのある私だが(しかも,橋立にも何度も行ったことがあるのだが),加佐の岬には行ったことがなかった。
 今回は,時間もたっぷりあるので,加佐の岬に行ってみることにした。下調べをしなかったことを,あとで後悔したのだが…。
 車を降りて,岬の突端の方に歩いて行くと,すぐに,写真のような看板が立っていた。そして,すぐ傍には,枯れた松が…。
 看板の文字を紹介しよう。

 この松の木は昭和20年戦争末期,戦闘機の燃料が不足し航空燃料として松脂を採取した傷です。加佐の岬から片野海岸にかけて全ての松から採取しました。現在は松枯れでほとんど残っていません。戦争の疵痕としての証とします。
*200本の松で航空機が1時間ほどしか飛ぶことができませんでした。

 なんとも悲しい現実があったのだ。
 ネットによると,名称兼六園の松にも,この傷のある松があるらしい。今度兼六園へ出向いたときには,是非,見つけてみたいものだ。

|

« 民宿北前船 | トップページ | 北前船の里資料館 »

授業のネタ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64596978

この記事へのトラックバック一覧です: 加佐の岬にある「松の傷」:

« 民宿北前船 | トップページ | 北前船の里資料館 »