« 浜田寿美男著『子どもが巣立つということ-この時代の難しさのなかで』 | トップページ | おきあがりこぼし »

なんでこんなに潮が引いたのかなあ

161218 今朝,犬の散歩で海へ行くと,いつもは,堤防のところまで来ていた波が,ずっと引いて,これまでに見たことのないくらい砂浜が広がっていました(写真は,午後1時頃に,カメラで撮ったもの)。いつもは,この左にある堤防まで波が寄せているんですがね。
 これって,何があったのでしょうか? 
 もともと,能登の方は,潮の干満があまりなくて,ここまで極端なのは,あまり知りません。
 2キロほどはなれた観光地・恋路海岸でも,同じような現象が見られて,いつもは海の中にある鳥井や弁天島が,しっかり陸続きになっていました(通常の引き潮の時よりも,相当広い海底があらわれていました)。

|

« 浜田寿美男著『子どもが巣立つということ-この時代の難しさのなかで』 | トップページ | おきあがりこぼし »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64644462

この記事へのトラックバック一覧です: なんでこんなに潮が引いたのかなあ:

« 浜田寿美男著『子どもが巣立つということ-この時代の難しさのなかで』 | トップページ | おきあがりこぼし »