« 蔦の絡まる廃工場(こうば)で… | トップページ | 加藤義信著『アンリ・ワロン その生涯と発達思想』 »

能登里海教育研究所発行『海の観察ガイド 能登内浦の海編』

161130 今日の理科研究会で,分科会が始まる前に,ある担当者から,全編カラーで55ページもある,右のような冊子を頂きました。本書をまとめたのは,能登里海教育研究所というところです。この研究所は,最近できたもので,その母体は,金沢大学環日本海域環境研究センター臨海実験施設や地元の施設などの職員が関わっているようです。確かなことはまだ調べていません。
 ま,とにかく,金沢大学の研究所ができたお陰で,これまでの既存の施設も生かしながら,地元の児童生徒や私たちは里海の学習がよりやりやすくなってきたんだなあと感じています。
 本書は,ふりがなもついていて,読みやすくなっています。写真もふんだんに使われていて,磯観察のお供にも,観察から帰ってきたあとのまとめにも,そして,単なる読み物としてもなかなか手応えのある冊子となっています。
 私の知らないこともいっぱい載っていて,興味深く読めました。
 裏表紙には,観察用のフレネルレンズまでついていて,サービス満点です。

|

« 蔦の絡まる廃工場(こうば)で… | トップページ | 加藤義信著『アンリ・ワロン その生涯と発達思想』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64569660

この記事へのトラックバック一覧です: 能登里海教育研究所発行『海の観察ガイド 能登内浦の海編』:

« 蔦の絡まる廃工場(こうば)で… | トップページ | 加藤義信著『アンリ・ワロン その生涯と発達思想』 »