« ダイズの根粒菌 | トップページ | 今年の初物 »

土蔵から出てきた家計簿…捨てる前に

161114 土蔵から出てきた段ボールを開けてみると,なんと,家計簿がびっしり入ってきました。
 まだまだ元気な母親は「捨てていいよ~」と言っていたけど,ちょっと開いて読んでいると,捨てるのがもったいなくなりました。それで,少しは,パソコンに入力しようと思って…。
 さて,まずは,1963年の家計簿です。
 お正月の値段の欄を見てみます。
 鉛筆2ダース200円,おやつ30円,さとう80円などと書かれています。

 私に関することも書いてあっておもしろい。1963年正月と言えば私が3歳になったばかりの頃です。

・1月1日 正坊,おぞうにを一つ,おいしそうに食べた。
・1月2日 夫の誕生日(43歳)家族揃って健康で,ほんとうにおめでたい。晩,たのしく会食する。
・1月4日 正坊,そりにのって,江尻へ行く。大喜びだった。
・1月5日 正坊,かるたを上手にとる様になった。

 そういえば,子どもの頃は,親からも近所の人からも,ずっと正坊って呼ばれていました。今でも,近所のあんちゃんだった人が里帰りしたりすると,わたしのことをつかまえて「正坊」って呼んでいます。わらっちゃうなあ。
 一週間でもこの調子ですからねえ。いやー,自分の小さい頃のことが書かれているのを見るのもおもしろいなあ。

|

« ダイズの根粒菌 | トップページ | 今年の初物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64491538

この記事へのトラックバック一覧です: 土蔵から出てきた家計簿…捨てる前に:

« ダイズの根粒菌 | トップページ | 今年の初物 »