« 砂上の楼閣ではなく,砂の楼閣 | トップページ | とてもステキな小学校と中学校 »

さすが輪島市立

161014 今日は,輪島市の小中高校及び文化会館で「第53回石川県理科教育研究大会」が開かれました。わたしは,奥能登のスタッフとして参加していました(駐車場係だった)ので,午前中の公開授業も,午後の分科会もほとんど見れませんでした。唯一,全体会だけじっくり座っていました。
 が,そんな中でも,合間を縫って,小学校の授業を少し見てきました。その小学校の廊下には,右の写真のようなショーケースがありました。
 これは,輪島塗の製品ができるまでの行程を見ることのできる模型…というかホンモノです。
 ケースの下段には,漆の木の傷つけたやつもあります。
 輪島塗の行程一覧は,これまで,ポスターと輪島市漆芸美術館で見たことがありました。こんな風に見ると,改めて輪島塗って丈夫なはずだって思います。
 それにしても,さすが,輪島市立の学校ですね。
 うちの市には,そんなものがないからなあ。

|

« 砂上の楼閣ではなく,砂の楼閣 | トップページ | とてもステキな小学校と中学校 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64348563

この記事へのトラックバック一覧です: さすが輪島市立:

« 砂上の楼閣ではなく,砂の楼閣 | トップページ | とてもステキな小学校と中学校 »