« オオシオカラトンボ | トップページ | 菅野完著『日本会議の研究』 »

タブレットを使ってみた

161026 今年の夏,20台のタブレットが学校に来た。当然,「何に使えるかやってみろ」ということになる。使い勝手がいいのかどうか,確かにやってみなければ分からないのだが…新しい機器が導入される度に,学校現場は試行錯誤。これまでも,いろんな機器が現れては消えていったなあ。
 さて,使ってみたのは,「流れる水のはたらき」の授業での一コマ。
1 トレイに砂をひいて水を流す(約1L,さかさにしたペットボトルのフタの穴から流す)実験をする。その様子をタブレットで撮影しておく。
2 次に,もっと「流れる水のはたらきを大きくするためには,どうすればよいか」を出し合う。
3 あ 「一度に流す水の量を多くする」→「ペットボトルのフタの穴を増やす」
  い 「水を流す時間を多くする」→「2Lの水を流す」
  う 「流れる水の速さを速くする」→「坂を急にする」
の3つの意見が出るので,そのうちの一つを選んで,班で実験する。この時の実験の様子も動画で撮影しておく。
161026_024 二つの実験の動画を同時再生し,比べながら,分かったことを書く。
5 机を移動しながら,他の班が撮影した動画を見せてもらう。
6 まとめる。

 本校のタブレットには,二つの動画を同時再生して比較できるソフトが入っていて,この機能を知ったときから,いろんな授業に使えそうだって思いました。
 ただ,子どもたちは,まだ,タブレットになれているとはいえず,設定などにも時間がかかるので,1時間でスムーズに終えることはむずかしかったです。今回も,まとめは中途半端になったし,あとかたづけは,私がせざるを得ませんでした。
 機器に振り回されていては本末転倒だけど,最初,少し時間がかかっても,便利な機能は使っていきたいです。とくに,理科では,実験を撮影しておくだけで,何度もみることができるので,とても有効だと思います。

|

« オオシオカラトンボ | トップページ | 菅野完著『日本会議の研究』 »

授業のネタ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64404475

この記事へのトラックバック一覧です: タブレットを使ってみた:

« オオシオカラトンボ | トップページ | 菅野完著『日本会議の研究』 »