« 鹿毛雅治著『子どもの姿に学ぶ教師-「学ぶ意欲」と「教育的瞬間」』 | トップページ | 玄関に変わったハチが… »

祭が近づいてきました

 今日は,一日,理科作品展示会関係の仕事をしていて,祭の山車づくりには参加できませんでした。
160911 で,帰りに宮によると,ここまで完成していました。
 隣に若者(同じ地区の教え子でもある)が来て,一言。
「先生ー,知らんうちにこうしてできあがっとるが,ちょっと淋しいやろ。おれも,いつも,お金集めいっとって宮におらんこと多いから,その気持ち分かる」
なんていうじゃありませんか。
 確かに,一つ一つの人形を,あっちがいい,こっちがいいとセットするのがおもしろい。1時間かけてつけたはずのものをずらしたりして…。その場で,バカをいいながら,ちゃんと山車はできていく。
 できあがったのを見る人は,「キレイねえ」で終わりだけど,作る過程を楽しむことのできるこんな若者がいるからこそ,こうして,山車づくりが伝わっていくんだよなあ。
 今年は,鵜島の5地区中,ついに3地区しか,山車を出さないらしい(そのうち巡行するのは私の地区を含めて2地区のみ)。このまま,この祭はなくなっていくのだろうか。そんな話も出る祭シーズンです。

|

« 鹿毛雅治著『子どもの姿に学ぶ教師-「学ぶ意欲」と「教育的瞬間」』 | トップページ | 玄関に変わったハチが… »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/64192676

この記事へのトラックバック一覧です: 祭が近づいてきました:

« 鹿毛雅治著『子どもの姿に学ぶ教師-「学ぶ意欲」と「教育的瞬間」』 | トップページ | 玄関に変わったハチが… »