« ちきりん著『「chikirin日記」の育て方』 | トップページ | 北陸二科展 »

ツマグロヒョウモンの羽化

 160704_02学校の玄関のプランターの近くにあったサナギの横に,羽化したばかりの蝶が羽を閉じたまま止まっていました。ツマグロヒョウモンです(上の写真)。
 幼虫とサナギは実物を見たものの,成虫になったら飛んでっちゃって,その姿を見ることはできないだろうなあと思っていたの,朝まで止まっていたことにビックリです。登校してきた何人もの子どもたちが,その姿を見たようです。ご覧のように,しっかり写真に収めることもできました。
160704 さらに,ビオラのプランターには,3匹の幼虫も見つけました。先週までは,気づかなかったんですがね。ビオラもそろそろ元気がなくなってきたので,幼虫が大きくなるまで十分にエサがあるか心配です。
 これまでは,毎朝,玄関の花のようすを見て,水やりをしたりしていたのですが,ここのところ,ツマグロヒョウモンのことばかり気になります。
 この3匹幼虫が,ビオラをたくさん食べて立派な成虫になってくれるまで,ビオラのプランターはこのままにしておきます。

|

« ちきりん著『「chikirin日記」の育て方』 | トップページ | 北陸二科展 »

能登の動物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63871199

この記事へのトラックバック一覧です: ツマグロヒョウモンの羽化:

« ちきりん著『「chikirin日記」の育て方』 | トップページ | 北陸二科展 »