« ちきりん・梅原大吾共著『悩みどころと逃げどころ』 | トップページ | 金城大学短期大学部同窓会美術展を見てきました »

「ちきりん」という社会派ブロガー

 ここ数日,「ちきりん」さんというブロガーの本や記事を読んでいます。

 昨日紹介した本『悩みどころと逃げどころ』には,次のような言葉が書かれていました。

 大人の役割とか,先生の役割って,本来は「こうやって遊ぶと,人生楽しいよ-」って教えることだと思うんです。遊ぶっていうか,「こうやって過ごすと。人生,楽しいよー」って。しかもクチで説明するんじゃなく,自分の人生を見せながら,子どもに人生の楽しさを示していく。

 そのとおりですね。
 大人や先生が楽しそうな生き方をしていないで,どうして子どもたちが大人になることへの夢が持てるでしょうか。
 楽しそうな大人の姿が見えないから,せいぜい「大人って酒が飲めるからいい」とか,あるいは「おとなになると働かなくちゃいけないからいやだ」みたいな,短絡的な考え方しか与えられないのかも知れません。
 楽しく生きようっと。生きてるけど…。

「Chikirinの日記」はここ→http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/
 

|

« ちきりん・梅原大吾共著『悩みどころと逃げどころ』 | トップページ | 金城大学短期大学部同窓会美術展を見てきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63864300

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちきりん」という社会派ブロガー:

« ちきりん・梅原大吾共著『悩みどころと逃げどころ』 | トップページ | 金城大学短期大学部同窓会美術展を見てきました »