« ヤモリが今年もやってきた | トップページ | 「ポケモンGO」をやってみた »

ハグロトンボとナツアカネ

160721 21日の午前中,里山里海自然学校の「アメリカザリガニの分布状況モニタリング」に参加してきました。調べる場所が,うちの小学校の近くだったので,学校の子どもたちも4名参加しました。一応,私がめんどう見る…と言うことで…。
 肝心のアメリカザリガニは,ちっちゃいのが2匹引っかかっただけでした。これはこれで,うれしいことです(子どもたちは残念がっていましたが…(^^;;)。能登が世界農業遺産に指定された頃は,まだ,たくさんいたんですが,今じゃ少なくなったようです。ただ,2匹捕獲したということは,まだ,相当いることは確かです。
160721_02 今回は,仕掛けだけではなく網も使いました。そこで,ザリガニだけではなく,いろんな生きものも見つかりました。
 その中から,トンボを2種類紹介。
 黒いトンボ(上の写真)は,その姿の通り「ハグロトンボ」というそうです。流れのゆるい川に発生します。けっこう大型のトンボですが,ゆらゆらと力なく飛ぶので,よく目立ちました。体が光っていて格好いいです。カワトンボ科。
 もう一つの茶色いトンボは,指導員曰く…ナツアカネの若い奴。メスはオスほどに赤くならないそうなので,この個体はメスかも知れません。とても人なつっこくて,何度も何度も3年生の手に止まっていました。

|

« ヤモリが今年もやってきた | トップページ | 「ポケモンGO」をやってみた »

能登の動物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63959173

この記事へのトラックバック一覧です: ハグロトンボとナツアカネ:

« ヤモリが今年もやってきた | トップページ | 「ポケモンGO」をやってみた »