« 支部の定期大会 | トップページ | ドリアン助川著『プチ革命 言葉の森を育てよう』 »

フランク・バヴロフ著『茶色の朝』

 10年前に買って読んだ本。
 久しぶりに再度読んでみた。
 なぜって,今の教育現場が,あまりにも窮屈な感じがしたから。
 以前の先生達は,実にいろいろな服を着て学校に来ていた。授業参観や研究授業ともなると,低学年担当のおなご先生達は,可愛い服を着てきて,軟らかい雰囲気で授業をしていた。
 が,しかし,最近は,逆。お客様が来るというので,女性先生達も男性先生達もスーツ姿である。しかも,黒。だれかに,黒にしろ…と言われたわけでもないのに…である。
 いろんな研修会では,スーツを着ることがいつのまにか,当たり前になってきていた。とくに,年間20回以上もある初任者研修を受けてきた若者たちは,いつもスーツで出かけている。いつのまにか,そういう世界が学校の「普通」になりかけている。
 最初は,別にたいしたことがない…,私が合わせればいいんだから…と思っていたことが,あとでふり返るととんでもないことになっている。
 この学校での服装と,戦争とが関係がないと,本当に言えるのだろうか。スーツがふえるとともに,職員会議での発言が減っているのが,気になる。上意下達が,当たり前になってきた教育現場に,違和感を感じている。
 今,国全体が,茶色の朝を迎えようとしているのではないか。気づいたときには,もう,おそい。

|

« 支部の定期大会 | トップページ | ドリアン助川著『プチ革命 言葉の森を育てよう』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63733563

この記事へのトラックバック一覧です: フランク・バヴロフ著『茶色の朝』:

« 支部の定期大会 | トップページ | ドリアン助川著『プチ革命 言葉の森を育てよう』 »