« l黒豆 うまい | トップページ | 今日もたくさんの話題が… »

二艘船で「さより漁」

160520 能登の海の風物詩の一コマ。
 早朝から,船が二艘並んで走って行きます。これは,サヨリという魚を捕っているらしいです。サヨリは水面付近を集団で移動するので,こんな風に,サヨリの通る道筋に網を張っているのでしょう。
 サヨリは,細魚・針魚と書くように,細い体で身も余りありません。が,私は,サヨリの刺身が大好きだし,油で骨を揚げた「骨せんべい」も大好きです。
160520_02 あ~,食べたくなってきた。
 船の端っこに立って水面を見ている人がいます。二艘の船がゆっくりと向きを変えていきましたが,おそらく,この立っている人の指示なんでしょうね。

|

« l黒豆 うまい | トップページ | 今日もたくさんの話題が… »

能登・NOTO・のと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105430/63667943

この記事へのトラックバック一覧です: 二艘船で「さより漁」:

« l黒豆 うまい | トップページ | 今日もたくさんの話題が… »